アフィリエイト初心者がブログで稼ぐための5か条

アフィリエイト初心者向け

はじめに

空いた時間を有効活用したい
楽しく、ラクに稼ぎたい
このように考えている方はブログでアフィリエイトを始めるのがぴったり。
もうすでにブログを始めている方は、そのブログに広告を載せるだけで収入を得ることができます。

アフィリエイト初心者にとって、ブログはアフィリエイトを始めやすいのでおすすめです。
今回はアフィリエイト初心者がブログで稼ぐための5カ条をお伝えします!

1.自分のブログを育てる

ブログでアフィリエイトを始めるにあたって、まずはブログへのアクセス数を増やすことが大切です。
たとえブログに広告を載せたとしても、誰も見てくれる人がいなければ何も始まりませんよね。

検索エンジンの検索ページに上位で表示されなければ、人の目に触れることはほぼありません。
検索ページで上位に表示されるためには、SEO対策が必要になってきます。

▼SEOについての参考記事▼

超初心者向け!SEOとはそもそも何!?

そのためにはまず、記事数を増やすことが大切です。
記事の量が増えるほど、いろいろな検索キーワードでアクセスしてくれる人が増えるので、購入率は高くなります。
まずは雑記ブログをはじめ、最終的にはいくつか特定のカテゴリーを中心として運営すると良いでしょう。

はじめはなかなか収入が増えないかもしれませんが、アフィリエイトは続けることに意味があります。
稼げないからといってすぐにやめてしまわないで、自分のブログを育てて大きくしていくことが重要です。

2.他のブログを活用する

これは稼いでいるアフィリエイターさんの記事を見て、研究するということです。

稼いでいるアフィリエイターさんは、長年アフィリエイトを続けていて、たくさん記事を書いている方が多いです。
読者に広告のリンクをクリックしてもらうまでの流れ、文章の書き方、タイトルのつけ方やブログ全体のデザインなど、
ほかのアフィリエイターさんのブログから学べることがたくさんあると思います。

いくつかブログを読んでみて、自分のブログに活かせそうなことを見つけたら実践してみましょう。

3.ジャンル選びはしっかりと

アフィリエイトには売れるジャンルとそうでないジャンルがあります。
その売れるジャンルの中から、自分の好きなジャンルや書きやすいジャンルを選んで書くことをお勧めします。
ブログをはじめたての場合、記事を見てくれる人は少ないはずです。
いくら好きなジャンルだからといって売れない商材の記事を書いたとしても、なかなかアクセス数が増えず、アフィリエイトの収入にもつながりません。
つまり、ブログのジャンルを選定する場合、そのジャンルが売れるかどうかを優先して選ぶことが大切です。

初心者が稼ぎやすいアフィリエイトジャンルは?傾向と対策!

 

もちろん自分の書きやすいジャンルを扱うのが一番です。
実体験を踏まえながら記事を書けますし、熱意も入りますよね。
ですが、売れないジャンルの場合だと苦労して失敗するケースもあります。
その場合、ある程度ブログへのアクセス数が増えてきてから記事を書き始めることをお勧めします。

4.読者のニーズを考える

ジャンルの選定が終わったらさっそく記事を書いていくのですが、記事数を増やすためにただやみくもに記事を書いてもあまり意味はありません。

この記事を読む人は何が気になっているのか、どんな悩みを持った人か、どんなワードで検索するだろうか…
そのようなことを考えながら、読者の目線に立って記事を書いてみると良いでしょう。

▼ニーズについて詳しく▼

潜在顧客が求めているニーズに気づかせるには?

5.楽しんで続ける

1~4ではブログを書く上での技術的なことをお伝えしましたが、
最後にお伝えしたいことは、楽しんでブログを書いてほしいということです。

冒頭にもお伝えしましたが、ブログでのアフィリエイトは楽しく、またはラクに稼ぎたいと思って始める方が多いかと思いますし、そんな方にぴったりだと思っています。
そうして始めたブログアフィリエイトも、記事を書いていて楽しくないのなら長く続けるのも難しいでしょう。

文章の上手い下手はあまり気にせず、楽しんで書いていれば文章も書きなれてくると思います。
楽しんで書くためには、読者のことを思って書くことが大切だと私は思います。
読者に喜んでもらえるような記事を書くことでアクセスが増え、自分のモチベーションにもつながり、文章を書くことが楽しくなってくるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
アフィリエイト初心者がブログで稼げるようになるまで時間はかかると思いますが、きっと結果はついてきます。
「楽しみながらブログを書き、育てていくこと」が大切だということが伝わっていたら幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。