初心者が目指すべきセミアフィリエイトって?その意味とは

アフィリエイト初心者向け

はじめに

アフィリエイトを副業にして稼げるようになれば、本業以外の不労所得を得ることができます。ただアフィリエイトで継続的に成果報酬を得られるようになると、広告主から直接セミアフィリエイトの連絡を貰える場合があります。そうなると継続的に稼げるお金の金額が増えるため、さらに時間をかけてアフィリエイトに取り組みやすくなります。
この記事では初心者が目指したいセミアフィリエイトの用語の意味と、そのメリットについて解説しました。

1.アフィリエイトの成果報酬の種類について

 

アフィリエイトでは広告主が提示する成果をユーザーが達成するごとに、その広告を掲載しているサイトのアフィリエイターに報酬が支払われることになっています。具体的なアフィリエイトの成果報酬としては、以下のようなものが挙げられます。

クリック報酬

自サイトを訪れたユーザーがその広告をクリックした回数に応じて貰える報酬

インプレッション報酬

自サイト内にバナー広告を設置しておき、ユーザーが該当する広告を表示させた回数によって貰える報酬

通常報酬

広告主があらかじめ提示した成果1件につき貰える、決められた金額の報酬

継続報酬

ユーザーが継続的に取引を続ける場合に限り、取引金額に応じて一定額で貰える報酬

アフィリエイトで貰える報酬の種類には、上記の内容以外にもいくつか存在します。ただ基本的にアフィリエイトでは1件あたりの成果に対する報酬単価が決まっており、掲載する広告のジャンルや商品によってもその単価や成果の難易度はまちまちです。

2.固定費報酬とは何か

通常のアフィリエイトの場合では成果の件数に応じた報酬を支払うものですが、良質な記事を書き安定的にアフィリエイトで稼ぐサイトについては、広告主から高く評価される場合があります。そうした場合にASPを介して広告主から直接指名される場合があり、その時に提案されるのが「特別報酬」や「固定報酬」となります

ここで言う固定報酬とは月額で貰える報酬のことで、交換条件として指定された広告を掲載するか、ある程度の実績を出さなければなりません。仮に上位表示されていないサイトであっても記事の質にこだわることで、広告主から指名されるチャンスが少なからずあります。

アフィリエイトの世界ではあまり「セミアフィリエイト」という用語を聞きません。セミアフィリエイトでは月額料金として固定で報酬を受け取っているため、「セミ」という単語がアフィリエイトの前についているという解釈でいいでしょう。またセミアフィリエイトについては、「固定費媒体」と呼ばれることもあるようです。

3.広告主がセミアフィリエイトを行うメリットとは

アフィリエイトで望んだ成果を上げてくれるアフィリエイターに報酬を支払うのは納得のいく話ですが、それではなぜ広告主がわざわざセミアフィリエイトを行う必要があるのでしょうか。

考えられる理由としては、まず広告の露出を増やそうという意図があるからでしょう。セミアフィリエイトという形で固定報酬を発生させれば、該当するアフィリエイターについては継続的に広告を掲載してくれることが期待できます。また広告主が掲載する商品およびサービスに、ユーザーにアクションを誘発させるだけの魅力がない場合には、メディアで広告を掲載してくれる可能性が低くなります。そうなっては困るため、メディアで広告掲載してもらう場合でもセミアフィリエイトを行った方が広告の露出は当然増えるはずです。
そしてセミアフィリエイトを行う理由としてもう一つ、特定のアフィリエイターに自社の商品およびサービスを宣伝するような記事を作成してほしいという意図があります。
例えばランキング形式の記事で自社の商品およびサービスが紹介されれば良い宣伝になりますし、アフィリエイターの方も固定報酬が継続的に貰えるよう熱心に取り組んでくれることが期待できる訳です。

もちろんセミアフィリエイトを行うことで、広告主自体にも余分なコストを支払わなければならないというリスクが発生してしまう側面はあります。そのため広告主としても費用対効果を意識しながらセミアフィリエイトを行うことが考えられ、望んだ結果が得られない場合にはセミアフィリエイト自体を止めてしまうことも十分考えられます

まとめ

セミアフィリエイトで継続的に報酬を受け取れればありがたいですが、そこで油断して手を抜いてしまうとセミアフィリエイトを中断されるリスクも出てきます。初心者からすぐセミアフィリエイトにつなげることは難しいですが、ゆくゆくは広告主から声がかけられることを目標に当面の間努力してみると、モチベーションの維持にも役立ちます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。