• HOME
  • ブログ
  • 特集
  • アフィリエイターから絶大な支持を受けるLink-A直撃インタビュー!後編

アフィリエイターから絶大な支持を受けるLink-A直撃インタビュー!後編

特集

 

前回はLink-Aさんの特徴からその社風までざっくりと紹介させていただきました。
この後編では、アフィリエイター・広告主両方へのアドバイスや意見、更には今後のアフィリエイトの展望までお話いただきましたので、ぜひ最後までご覧ください!

――では改めて。Link-Aさん全体で考える売れる案件の条件って、どのようなものがあると思いますか?

そうですね、単価やジャンルに関しては一概には言えないものの、やはり売れる案件としては初回のユーザーさんの負担が小さいものであると非常にアフィリエイトでは売れるのではないでしょうか。

ですので、初回のハードルを高く設定しているのであれば、それはなるべく低くしてあげて、その上でユーザーの流入数を上げる方向の方がアフィリエイトでは売れる案件としてみれるのではないでしょうか。
あとは少しでも早く承認してあげるのも非常に大事ですね。

――そういったことを踏まえまして、その他広告主様にアドバイスといったことはございますでしょうか。

僕らよりもアフィリエイトを理解している広告主であれば、それはもう感謝する一方です。
それでも他の広告手法とアフィリエイトの最大の違いって、広告主様がアフィリエイトに取り組めばすぐに広告掲載が始まるわけではなく、アフィリエイター側が数多ある競合案件から取捨選択の後に自分の意思で掲載・記事作成を始めるという流れが存在しているところです。
その為広告主様側には、選んでもらうための努力・調整・営業が必須であるという事をご理解いただき、この考えで運用をしていくべきだと思います。

これに関しては、アフィリエイターと広告主のどちらが偉いとかではなく、アフィリエイターも一人のお客様として、頑張ってもらうためにはどうしたらいいのかを考えると、きっとうまくいくと思います。

――なるほど、確かにアフィリエイト広告って三者の信頼関係の上で成り立つ部分もありますからね……。

――では逆にアフィリエイター側にアドバイスをするのであれば、どのようなことを伝えたいですか?

そうですね、我々Link-AというASPはプラットフォームなので、基本的には中立の立場でものを見ています。
その上で意見を述べるのであれば、先ほど広告主側にはアフィリエイターの利益を考えてあげてくださいという事を伝えさせていただきましたが、逆にアフィリエイター側も広告主の利益を考えるべきだと思います。

 

――そういった方が今後は重宝されるということでしょうか?

はい。
広告主としては自社のサイトでは上げられないようなキーワードや、想定していないようなテールワードで獲得するアフィリエイターというのは今後広告主側から重宝されると思います。
正直今後商標キーワードはアフィリエイト業界として、対応が厳しくなっていくのではないか。というのが私の見解です。

――商標周りを狙うのは最早定石になりつつありますものね……。ではお勧めのキーワードの狙い方の一例を挙げて頂いてもよろしいですか?

一例ですか(笑)。
そうですね、例えば日焼け止めサプリであれば「水着跡」といったキーワードで狙ってみるのは面白いのではないでしょうか?
訴求方法としては
「そもそも日焼けはしたくないよね」

「水着跡はひと夏のこっちゃうよ」

「なら尚更日焼けには気を付けよう!」

「日焼け止めなら塗るよりサプリの方が楽! そんなあなたにお勧めはこれ!」

といった感じですね。

――なるほど! 確かにそれなら日焼け止めサプリを欲しがっている人に訴求が出来ますね!

基本的にこういったテールワードで狙うのであれば何より大事なのは、ライバル(競合サイト)が少ない所を狙う事で、上位表示化もできますので、しっかりと競合調査をすることも大事です!

――貴重なお話をありがとうございます。では最後に、安田様自身の夢と、Link-Aさん単位で叶えたい夢を教えていただけますでしょうか?

もっとこの業界に参入する人が増えてほしいです。 そうなるには、アフィリエイターさんの社会的地位向上が欠かせないと思っています。「アフィリエイトは稼げる」という魅力はもちろんあるのですが、ユーザーや広告主を欺くようなやり方ですと社会からの支持は得られないですし、そんな業界に参入する魅力も薄れてしまいます。 ですので、私達としてはアフィリエイターさんの地位向上のため、正しい方法や考え方をどんどん啓蒙していきたいと思っています。

アフィリエイトという広告手法最大の課題は、社会地位を確立できていない点にあると思います。
アフィリエイトの中でも、ユーザーをだますような手法や広告主をだます手法が悪目立ちしてしまっています。こういった手法は全て淘汰されていくべきなのです。

この会社としてはアフィリエイト・成果報酬型の広告にこだわっていきたいとは思っています。

ですから私は、アフィリエイターが普通の職業として社会的に認識される世界を望んでいるんです。

――そのような大きな目標があったのですね……。では最後に改めてアフィリエイターの皆様にメッセージをお願い致します!

ASPはアフィリエイターの皆様の労力や工夫をサポートし、稼ぎやすい土台を作ることで手数料をいただいている立場ですので、これからもアフィリエイターさんが頑張りやすい・動きやすい仕掛けや仕組みを作っていきたいと思っています。

僕らもまだまだアフィリエイトの現場に入っていきますので、よりよい業界にするとともに、更に良いASPになれるよう頑張りますので、改めて皆様今後ともよろしくお願いいたします。

――本日は誠にありがとうございました!

というわけで今回はリンクエッジの取締役、安田様にお話を伺ってまいりました。
アフィリエイトに対して非常に強い思いを持っていらっしゃっていることがこのインタビュー記事で伝わっていただければとただただ思います。

Link-A様は新規アフィリエイター様を募集しておりますので、ぜひ皆様提携してみてはいかがでしょうか?

また、今後番外編としてLink-A様のお勧め案件の特集記事も作成予定ですので、皆様お楽しみに!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。