アフィリエイト基礎知識!そもそもセルフバックとは何か?

アフィリエイト初心者向け

はじめに

本業とは別に不労所得を得る方法について調べると、セルフバックという単語が検索に引っかかることがあるかもしれません。
本業の仕事で稼ぐ他にもお金が稼げたらと願う方も多いでしょうが、中にはそういった不労所得を稼ぐ手間が面倒臭いと感じる方ももちろんいるはずです。
ただセルフバックの仕組みを理解した上で活用してみると、ある程度の金額までであればお金を稼ぐことは十分可能です。
そこで今回の記事では、セルフバックの概要について簡単にですが解説してみました。
セルフバックで最大限にお金を稼ぎ、副業の準備資金を貯めればさまざまな稼ぎ方も実践できる可能性があります。
セルフバックについてあまり知らない方もこの記事を読んでその活用法を学んでみましょう。

1章 セルフバックとは何か

この章ではセルフバックについてあまり知らない方向けに、まずはセルフバックの概要について解説していきます。
セルフバックは手軽な不労所得を稼ぐ方法ではあるものの、その稼げる仕組みをきちんと理解していなければ活用できるものもできません。
セルフバックで何故お金を稼げるか、基本的な方法から確認していきます。

セルフバックはアフィリエイトの一環

セルフバックについて知識を身につける上で知っておきたいことは、セルフバックとはそもそもアフィリエイトの一環であるということです。
アフィリエイトとはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)を利用して広告主と、アフィリエイトでお金を稼ぎたいアフィリエイターとが提携することを指します。
つまり広告主が掲げる特定の条件を満たすことでアフィリエイターがお金を稼げるという訳ですが、基本的なアフィリエイトとセルフバックとでは条件が微妙に異なります。

ポイントOK?検索結果画面のアイコンの意味

アフィリエイトに必須なものとは

そもそもアフィリエイトを行うために必須なものとして、自分が運営するサイトやブログが挙げられます。
またサイトやブログを運営するためにレンタルサーバー代やドメイン代などが別途かかってしまいます。
アフィリエイトで毎月一定額を稼げていれば特に問題ありませんが、全く稼げない状態では出費ばかりがかさむことも想定しておかなければなりません。
ただしアフィリエイトとセルフバックとでは厳密に違うため、こうした最低限の費用や手間をかけずにお金を稼ぐことができます。

セルフバックはアフィリエイトの試供品?

セルフバックではアフィリエイトのように自分のサイトやブログが必須ではないため、レンタルサーバー代やドメイン代が別途かかることもありません。
アフィリエイトで稼ぐ上で利用するサービスとしてASPがありますが、ASPを利用している広告主の中にはセルフバックを認可している会社があります。
こうした広告主のセルフバックを行えば自分のサイトを用意してアフィリエイトを行う場合と同様に、自分でその分のお金を稼ぐことができます。
その点ではセルフバックはアフィリエイトの試供品として利用することができると言えます。

ただ広告主にもメリットがない訳ではなく、セルフバックによって自社商品やサービスが気に入られればその顧客がアフィリエイターとなり、新たにアフィリエイトを利用し始めてくれる可能性はあります。
アフィリエイトによって認知度が高まればそれだけ広告主にとってのメリットが大きくなるため、セルフバックの利用次第では双方にとってメリットがあることは容易に想像がつきます。

セルフバックと自己アフィリエイトの違いとは

セルフバックの概要をある程度把握したところで、自己アフィリエイトとの違いについて簡単に解説しておきます。
セルフバックでは自分のサイトを持っていなくてもアフィリエイトを利用してお金を稼ぐことが特徴的である一方で、自己アフィリエイトでは自分のサイトやブログに掲載しているアフィリエイト広告に自分でアクセスする方法となります。
アフィリエイトはそもそも新規顧客を獲得するために利用される広告の掲載方法ではありますが、厳密には運営者自らがアフィリエイトを利用するのは違反行為ではありません。
ただ自己アフィリエイトではアフィリエイト同様に最低限の費用がかかってしまうため、自分自身がアフィリエイトをして稼ぐことを目的とするのであればセルフバックを利用して稼ぐ方がよほど合理的と言えるかもしれません。

2章 セルフバックのメリットとは

セルフバックはアフィリエイトの仕組みを利用して稼げることは前述した通りですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
以下で簡単にですが列挙してみました。

短時間の作業だけで稼げる

セルフバックもまたアフィリエイト同様にインターネットを利用してできる内職であるため、短時間の作業だけで稼ぐことができます。
セルフバックを利用可能な案件を見つけて専用リンクから申請するだけで済ませられるため、内職の中では比較的手軽に稼げることがメリットとして挙げられます。

報酬発生の仕組みを学べる

広告収入を得る方法が間近に見られるセルフバックを活用することで、いつどのタイミングで報酬が発生するのか、その具体的な仕組みを実践を通して学ぶことができます。
セルフバックでは特にアフィリエイトのような広告収入を主とした内職での稼ぎ方を学べるので、セルフバックの収入源を他の内職や在宅ワークに利用することができます。

ネットで稼ぐ実感を得られる

直接的なメリットと言うには弱いかもしれませんが、セルフバックを利用してお金を稼ぐことによって結果としてネットで稼ぐ実感を得ることに役立てられます。
ネットで稼ぐ上ではモチベーションの維持が難しい部分があるので、セルフバックででも一度稼いでおけばネットを利用して稼ぐことに関するモチベーションを高めやすくなります。

3章 セルフバックの注意点とは

こうしたメリットがある一方で、セルフバックには細かな注意点もいくつかあります。
特にセルフバックを初めて行う方であればそうした注意点を見過ごしてしまい、結果的に報酬が発生しなくなってしまうこともあるほどです。
それでは実際に、どのような点に注意しながらセルフバックを行うべきなのでしょうか。
初心者がよく見逃してしまう注意点をピックアップして、以下で簡単に紹介しておきます。

セルフバックの条件が細かい

セルフバックの中でも人気が高い案件としてクレジットカードの申し込みやFX口座の開設、生命保険の見積もり相談などがあります。
ただこうした案件に限らずセルフバックに多いのが、報酬が発生するまでの条件が細かく定められているということです。
例えばイオンカードの申し込みであればディズニー・デザインのものはセルフバックの報酬が発生しないため、誤ってディズニー・デザインで申し込みを完了させた時点でその時間や手間が無駄になってしまいます。
説明書きで小さく記載のある文章ほどセルフバックの条件として大事な場合が多々あるので、小さなミスで貴重な機会を失わないためにもあらかじめ覚えておくといいでしょう。

3ー2クレジットカード案件は間隔を空ける

特に高単価な案件として知られるクレジットカードですが、頻繁に申し込みしているとその後に待ち受ける審査で通過できなくなることがあります。
審査が通過できなければクレジットカードが作れないため、実質的にお金を稼ぐことができなくなります。
クレジットカード案件で稼ぎたいのであれば、3ヶ月程度空けてから新規申し込みを行うようにすると審査の結果が左右されずに済む可能性があります。

まとめ

細かな注意点はいくつかあるにせよ、セルフバックがお金を稼ぐ上では有効な手段であることに変わりありません。
ただしセルフバック可能な案件がいずれなくなってしまえば収入源が失われることはほぼ確実なので、継続的に稼げる手法ではないことは念頭に置くべきでしょう。
セルフバックで稼いだお金を転用して他の内職や在宅ワークの資金源として活かす方も多いため、本業以外の稼ぎが欲しいという方はこの機会にぜひセルフバックに挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、このセルフバックを切っ掛けにアフィリエイトという副業を始めてみるのを検討されるのも良いかもしれません。

特に本メディアではアフィリエイトにまつわる様々な情報を発信しておりますので、是非ここで勉強するところから始めてみましょう!

副業アフィリエイトで将来の不安に今のうちから備える!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。