初心者アフィリエイターはEPC(1クリックの平均報酬発生額)を把握しよう

アフィリエイト初心者向け

はじめに

EPCとは(Earning Per Click)の略称で広告1クリックあたりの収益のことです。
アフィリエイト広告プログラムを選ぶ際の指標として活用できます。

 

EPC(1クリック当たりの収益)=アフィリエイト報酬金額÷広告クリック数

 

アフィリエイトの報酬金額=成果発生数×成果単価×承認率で算出されます。

そのため成果単価、成果承認率が重要になります。

一般的にEPCが高いほど稼げる広告プログラムといえます。上記の計算式はすでに広告が掲載済みで、クリック数などの数値が分かっている場合に使います。

 

また、EPCは人気ブロガーなどはかなり高い傾向があります。普通のブログやSEO対策していないサイトだと低く出てしまうでしょう。
売り上げが1件の場合、EPC1000以上も出ます。100件以上になるとその値は平均化されて、100前後に落ちていきます。

EPC・CVR・承認率

EPCの他にCVR、承認率といった数値もあります。

CVRとは(Conversion Rate)の略称で、発生のしやすさを表し、通常はコンバージョン率=コンバージョンに至った人数÷サイト全体の訪問者数で導き出せます。

承認率は確定のしやすさを表しています。

CVR?CPA?CTR?いまさら聞けない用語解説!

それに対して承認率は、

承認率=確定アフィリエイト成果件数÷発生アフィリエイト成果件数×100

で具体的な数値が出ます。

 

EPCとCVRで比較するならEPCの方が重要です。

アフィリエイト成果発生が出やすくても、実際に承認まで至ることが難しい商材があるからです。

承認率は50%を下回ることも多々あります。承認率が上がるか否かは案件ごとに異なるので注意が必要です。購入経験者のリピート購入は非承認となる案件が多く、確認が必要です。

アフィリエイターとして、非承認をなるべく避けるためには新規のお客様になるべく購入してもらうこと、購入後のキャンセル件数を減らすLP作り(例えば、お客様の警戒心を減らす等)が必要になってきます。

EPCが高いジャンルとしてはインターネット回線、薬剤師、脱毛、ヨガ、不動産などが挙げられます。

また、確認しておきたいのが、その商品・サービスの売れやすさです。割引セールを行っている、返金保証がついている、ブランド認知度が高い等調べておくことも大切です。

また大手ASP社ではある程度成績を出し続けるとEPCデータを開示しています。

もしランキングサイトを作りたいと思った際に、1位から3位まで載せるのか、そこに大手ASP広告を用いるのか、4位以下は載せないのかといった判断が必要なってきます。

EPCが全てではない

ユーザー目線

また、ここで考えなければならないのが、サイトを訪れたユーザーにとって大切なのは良い商品、サービスなのか、有益な情報か否かといったことであり、EPCを基にランキングを作ったとしても必ずしも収入につながるとは限りません。

 

EPCはもちろんですが、アクセス数を出していくといった考え方も必要です。

 

では、掲載前で、予測数値でEPCを算出する際どのような計算式になるでしょうか。

 

答えは、EPC=成果報酬×承認率×CVRです。

 

ASP側も有力媒体へのリクルーティングにも使う指標でもあります。より目立つところに掲載を打診する際に、成果報酬、承認率、CVR等の情報を予想してアフィリエイター獲得が狙えるギリギリの報酬金額を調整し打診したりします。

アフィリエイト集客によるCPO最適化

まとめ

アフィリエイターはこのことを念頭に置きつつ広告プログラムを選ぶ必要があります。

つまり、EPCのみを指標に広告プログラムを選ぶのは誤っています。

アフィリエイターは何を基準にして、広告プログラムを選ばなければならないのかを今一度考えてみましょう。

そのサイトを訪れる人に引っかかるサイトを作らなければならないのは前提として、そこからどの広告プログラムに紐づけるかという順序でものごとを考えていくべきです。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。