超初心者向け!SEOとはそもそも何!?

アフィリエイト初心者向け

インターネットの検索結果は流動性があり、常に検索結果ページで上位に表示されようと思えばSEOに尽力しなければなりません。
最近ではよく聞くようになった単語ですが、未だにSEOのことを詳しく知らないという方も実際にいます。
そこで今回の記事では、Webサイトやページを制作する上でかかせないSEOの知識について解説します。
インターネットで露出するために必須となる知識なので、SEOの意味を学んで実践的な対策へとつなげていきましょう。

1章:SEOの概要とは


この章ではまずSEOの概要について解説していきます。実践的な話に移る前にまずは根本的な部分を理解しておかなければ、何故その対策が必要となるのかについてきちんと理解することはできません。
ここではSEO対策の土台となる知識を身につけておきましょう。
そもそもSEOとはSearch Engine Optimizationの略称であり、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」となります。
国内でよく利用される検索エンジンとしてはGoogleやYahoo!がありますが、実際にはYahoo!の検索エンジンはGoogleのものと同一であるため、GoogleのSEO対策さえ万全であればYahoo!も同時に対策を講じられるという訳です。Yahoo!のみに表示される特殊なコンテンツというものもいくつか種類がありますが、一例としては以下のようなものが挙げられます。

・Yahoo!ニュース
・Yahoo!オークション
・NAVERまとめ
・Yahoo!知恵袋 など

ただGoogleとYahoo!とで比較すれば女性はYahoo!、若い男性はGoogleの方が比率が高いことがスパイアによる調査で分かっています。
そしてどちらの検索エンジンについても言えたことですが、一昔前までは「リンク数が多いWebサイトほど検索上位に入る」という通説がありました。

しかし現在ではそうした小手先のSEO対策は無意味であるどころか、「ブラックハットSEO」として検索エンジンの検索アルゴリズムによって区別されるようになってしまいました。
それでは何故このブラックハットSEOは問題視されてしまったのでしょうか。

2章:ブラックハットSEOは何がいけないか

ブラックハットSEOでは検索結果ページで検索上位に食い込むために、検索エンジンを欺く形で自作自演のような手法で被リンク数を増やすことに注力していました。
しかし現在のアルゴリズムでは検索エンジンの穴がほぼなくなってしまい、かつてブラックハットSEOで行われていた手法が極端に通用しなくなってしまいました。
そのため、現在ではブラックハットSEOに取り組むWEBサイトはごくわずかとなり、これまで小手先のSEO対策のみで凌いできた企業は本当の意味でのSEO対策の仕方に悩むことになったのです。

また、小手先のSEOではインターネットの露出が上がるどころか検索順位が下がってしまうことにもなりかねません。
本当の意味でのSEO対策に取り組むことで検索結果ページで上位に表示されるようになり、自社商品が売れたりお客様からの問い合わせが多くなるのです。
SEO対策に正しく取り組めば時間はそれなりにかかりますが、結果として検索上位に入ることができるようになります。

3章:正しいSEO対策とは


ブラックハットSEOでは実際に検索上位まで上ることができないことは分かりましたが、それでは正しいSEO対策とはどのようなことに注意すべきなのでしょうか。
それについてきちんと考えるためには、「Googleが掲げる10の事実」について内容を把握しておく必要があります。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3. 遅いより速いほうがいい。
4. ウェブ上の民主主義は機能します。
5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。

この内容から正しいSEOの手法について一例を考え出せば、以下のようなものが挙げられます。

・ユーザーにとって有益なコンテンツを提供する
・WEBサイトやページの表示速度を速くする
・客観的に読みやすく、まとまった内容にする
・パソコンやスマホなど、どの端末からでも見やすい
・他サイトやSNSからのリンク数が多い など

要するにSEOとはユーザーにとって探しやすく、かつ見やすいコンテンツを提供することが重要です。
業者からリンクを購入して被リンク数を多くするだけでは、ブラックハットSEOと判断されるだけで結局のところは意味がありません。
SEO対策を講じることそのものがユーザーの利便性や快適性を向上させることになるのです。
ユーザー目線でWEBサイトをより良いものにすることが、ひいてはユーザーから良質なコンテンツであると評価され検索上位に入ることへとつながっていきます。

まとめ

SEO対策に取り組むためにはユーザーが何を求めているか、どのような点を改善すればより良いコンテンツにできるかを突き詰める必要があります。
またSEO対策に役立つツールとしてSEOツールが無料で提供されており、そうしたツールを活用することも一つの方法です。
SEO対策の地道な努力によって結果へと確実につながるため、これまでSEOに無頓着だった方も今後は真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。