アフィリエイトSEOなら商標KWではなく、悩みKWを狙え

SEO

はじめに

アフィリエイトで商標キーワードを狙ってやっているけど、なかなか上がらない。
皆さんこんな経験はありませんか?
今回は商標キーワードで上がらない時に、狙うべきキーワードについて解説していきます。

アフィリエイトの本やサイトなどを見ると、よく商標キーワードで攻めるべきだと紹介されていることが多いのではないでしょうか。

確かに商標キーワードを狙うのは間違いではありません。ただ、それだけ多く紹介されているとそのキーワードで攻める人達が多くなり、さらに商標キーワードだと差別化はあまりできないため、なかなか上がらないのも頷けるのではないでしょうか。

狙ったKWで上位表示されない!そんなときの対処法は!?

まず、キーワードには大きく分けて、4つあります。
・「商標キーワード」
・「ビッグキーワード
・「ミドルキーワード」
・「お悩みキーワード」

この中で、ビッグキーワードで上げることができれば一番なのですが、ビッグキーワードだとライバルが多く、アフィリエイターの競争が激しいのが現状です。
後から参入した人達ですと、順位を上げることはよほどサイトを育ててないと難しいでしょう。

ミドルキーワードを狙うということも悪くはないと思いますが、それよりも比較的、上げやすいキーワードがあります。
商標キーワードの次に狙うべきキーワードとしていいとされているのがお悩みキーワードです。

なぜお悩みキーワードがいいかというと、人には様々な悩みがあります。
例えば、「口臭が臭い」「体臭が臭い」「毛穴の黒ずみ」「シワが目立つ」「髪が薄い」など、他人に知られたくないほど、人はインターネットで検索するものです。

「口臭サプリ」を例に出すと、「口臭い 治し方」「口臭 気になる」「口臭 彼氏」といった悩みや訴求に沿ったキーワードを狙うのがいいでしょう。
検索されるPV数は少ないですが、悩みの深いキーワードであるほど、PVあたりのコンバージョン率も高くなります。

次に、お悩みキーワードを探す方法についてご紹介します。
お悩みキーワードを探すには「ユーザー目線」が一番です。

悩んでいる人はインターネットで解決策を探しています。
この記事をご覧いただいている皆さんも悩みがあった際に、インターネットで検索して解決策を探したことはありませんか?
お悩みキーワードを探す原則としては「検索者の気持ちになって考える」ということが大切になってきます。
検索者がどんなキーワードで探すのか?
例えば、

・「どんな人が探しているのか?」
・「その人はどんな気持ちで検索するのか?」
・「その人は何に困っているのか?」

上記にあげたことを意識してキーワードを探してみましょう。
紹介したい商品・サービスに対し、それを検索しそうな人がどんな人かを想像すると自ずと検索しそうなキーワードが出てくるのではないでしょうか。

どうしても分からないという方がいれば、
・Yahoo!知恵袋
・OKWAVE
などの悩み相談サイトを閲覧していくと、いろいろな相談や回答があるので、キーワードやどんな風に記事を書いたらいいか参考にするといいでしょう。
また、そこで思いもよらなかったキーワードを見つけることができるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は商標キーワードで上がらない時に、狙うべきキーワードについて解説させて頂きました。
ビッグキーワードで上げられることができればそれに越したことはないのですが、狙おうとしても競合が多く、上位表示させるにも強敵が多く、後から参入した人には至難の業です。
お悩みキーワードであれば、アクセスが少ないデメリットはあるものの、ライバルも少なく上位表示されやすい、アクセスが少なくても成果に繋がりやすいといったメリットの方が多くあります。
商標キーワードが上がらなくて困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。