モバイルファーストインデックスが与える影響とは

広告主向け

はじめに

Googleではもともと、パソコン向けのサイトを元に内容を整理・登録・評価して、検索結果を表示していました。
これに対して、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル向けのサイトを元に、評価して検索結果を表示させることを、モバイルファーストインデックスといいます。
今まではパソコン向けのサイトを元にした検索結果だったため、スマートフォンなどから検索してもパソコン向けのサイトを元にした検索結果が表示されていました。

そのため、検索結果に表示されたサイトを閲覧しても、パソコン向けのサイトを何とかモバイル端末で表示できるように調節した、不思議な配置のサイトを見ることがありました。
これはGoogle側で、パソコン向けサイトの画像や文字の大きさ、配置をモバイル向けに調整していたからです。

また、スマートフォンとパソコンで検索をした場合、完全に同一の検索結果を表示していたわけではありません。
実は、スマートフォンから検索した場合、ユーザーが検索結果を判断しやすいように、モバイル対応のサイトが結果の上位に表示されるように調整していました。
これは、モバイル向けにサイトが作られていることをチェックする、モバイルフレンドリーテストに合格したサイトが上位になるように、補正が行われた結果です。

それに対して、モバイルファーストインデックスを導入すると、検索結果を表示する基準が逆になります。
モバイル向けに作られたサイトを基準に評価を行う、つまりモバイルフレンドリーなサイトが優先的に表示されるようになります。
また、パソコンから検索した場合も、同様の結果が表示されます。

モバイルファーストインデックス概要

Googleは、どうしてモバイルファーストインデックスを導入したのかというと、2015年以降、パソコンよりもスマートフォンやタブレット端末からの検索の方が多くなったからです。
パソコンはスマートフォンなどに比べて携帯性が低く、起動するのに時間がかかります。
また、操作をする場合は、パソコンをどこかに置いて、きちんとディスプレイに向き合わなければいけません。

しかし、スマートフォンなどの場合、場所や時間を選ばす、いつでもどこでも操作することができます。
片手での操作も可能なため、何かをしながらの、「ながら操作」も可能です。

そのため、パソコンよりもスマートフォンなどから検索した方が効率がよく、便利なので、モバイル端末からの検索が飛躍的に上昇したのでしょう。
スマートフォンからの検索が優位になった状況で、今までのようにパソコン向けのサイトを基準とした検索結果を表示していては、ユーザーが求める検索結果とのミスマッチが発生してしまいます。

そのままの状態を続けていると、Googleで検索をするユーザー自体が減ってしまうかもしれません。
また、これからもモバイル端末からの検索が多いことに変わりはないでしょうから、モバイルファーストインデックスを導入する判断をしたのです。
モバイルファーストインデックスが導入されたため、アフィリエイターもその対応が必要となるでしょう。

これまで、パソコン向けのサイトのクオリティーを向上させ、スマートフォン向けのサイトは主なページのみ作成しているところが多くありました。
それは、スマートフォン向けのサイトも同様のクオリティーで作成すると、手間やコストがかかってしまうからです。

また、検索結果もパソコン向けのサイトを元に評価されていたので、それで問題はありませんでした。

しかし、モバイルファーストインデックスの導入により、このようなサイトを維持したままだと、不利益をこうむる可能性があります。

それは、モバイルフレンドリーなページが少ないと、高い評価が得られなくなるからです。
つまり、検索結果の上位に表示されなくなったり、パソコン向けサイトでメインとなって検索数を稼いでいたページが、その役割を果たさなくなるかもしれないということです。
よって、適切なスマートフォン向けのサイトを導入していない場合は、できるだけ早くモバイルフレンドリーなサイトに作り直すことが求められます。

まとめ

スマートフォン向けのサイトで見栄えを重視して、文字が少なく内容が薄いサイトを作っている場合も、モバイルファーストインデックスでは高い評価が得られないかもしれません。
逆に全くスマートフォン向けのサイトを作っておらず、パソコン向けのサイトのみの場合もありますが、Googleで一切検索結果が表示されなくなるわけではありません。

スマートフォン向けのサイトを作る必要がないわけではありません。それは、モバイルフレンドリーの補正によって、検索結果の順位は下がり続けているからです。
また、パソコン向けのサイトをスマートフォン向けに最適化した場合、若干表示がいびつだったり、スマートフォンの画面からはそもそも見えづらい場合が多くあります。
さらに、最適化したサイトではリンクやボタンをタップしづらく、結果としてスマートフォンからの閲覧を諦めてしまうかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。