• HOME
  • ブログ
  • SEO
  • ペンギンアップデート前後で何が変わった?アフィリエイト

ペンギンアップデート前後で何が変わった?アフィリエイト

SEO

SEO対策が重要であることはWebサイト制作に携わる方であれば周知の事実ですが、検索エンジンのコアアルゴリズムとしてペンギンアップデートというものがあることは知っているでしょうか。
動物の名前がついているので一見すると分かりにくいですが、実はこのペンギンアップデートのおかげでSEO対策の精度が格段に向上しているのです。
そこで今回の記事ではSEO対策について考える上でも役立つ、ペンギンアップデートの知識について学んでみましょう。
SEOについて詳しく知らない方もこれを読んでさらに知識を深めてみてはいかがでしょうか。

1章:ペンギンアップデートは何のためにあるか

そもそもペンギンアップデートとは、被リンク数の不正行為を見抜くために用意されたアルゴリズム・アップデートのことを指します。
SEOの中でも、Googleが規定する「 WEBマスターガイドライン」に抵触する不正行為の全般をブラックハットSEOと呼びます。
ペンギンアップデートが実装される前まではブラックハットSEOで検索順位を上げる企業がほとんどで、ユーザーにとって無益なWebサイトが検索結果ページで現に上位表示されてしまっていました。
その現状を放置していてはブラックハットSEOに嫌気がさしたユーザー達が別の検索エンジンに乗り換えてしまうことを危惧し、トップクラスのシェア率を誇るGoogleがペンギンアップデートという検索アルゴリズムを用意するに至りました。

このペンギンアップデートが実装されたことにより、企業による被リンク数の自作自演の実態が暴かれブラックハットSEOの数は激減しました。
それと同時に有料でリンクを提供していた業者も廃業へ追い込まれ、結果的にブラックハットSEOは現在ではほぼ存在しなくなりつつあります。
そのブラックハットSEOの根絶に一役買ったものとしてパンダアップデートというものがあり、これはペンギンアップデートとは別の視点からブラックハットSEOを取り締まる検索アルゴリズムとなっています。
具体的にはどのように違うのでしょうか。

2章:ペンギンとパンダの違いとは


ペンギンアップデートでは被リンク数にのみ言及して、ブラックハットSEOを行うWEBサイトの検索順位が上がらないようにしていることは前述した通りです。
その一方でパンダアップデートでは、WEBサイトのコンテンツの質に言及するコアアルゴリズムとなっています。
ブラックハットSEOでは不正に検索順位を上げる手法が利用されるため、WEBサイトを制作する企業側は自社サイトを熱心に作り込むこともなければ、ユーザーに有益な情報を丁寧に収集する必要が全くありませんでした。
そのためブラックハットSEOを行うWEBサイトではコンテンツの質が悪いという特徴が見られ、その観点からブラックハットSEOを取り締まるために用意されたのがパンダアップデートとなります。

このペンギンとパンダという名称は白黒はっきりつけるという意味から名付けられていますが、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOとをきっちり区別するのに絶大な効果を発揮しています。
そのためWEBサイトを制作もしくは運営している企業は、正攻法で検索順位を上げられるよう努力することが求められているのです。

3章:ホワイトハットSEOを行うには


ところで話は変わりますが、国内でシェア率が高い検索エンジンと言えばGoogleやYahoo!が挙げられます。
ただYahoo!に関してはGoogleの検索エンジンを借用しているだけなので、GoogleのSEO対策さえ万全であればまず問題ありません。

検索エンジンの穴を突いた姑息な方法をブラックハットSEOと呼ぶのに対し、それに則る形で検索順位を上げる方法のことをホワイトハットSEOと呼びます。
ペンギンアップデートやパンダアップデートによってブラックハットSEOが取り締まられている以上、企業としては健全なホワイトハットSEOによるSEO対策を考えていかなければなりません。
それではそのホワイトハットSEOを行うためには、具体的にどのようなことを取り組めばいいのでしょうか。
ホワイトハットSEOは基本的にユーザーにとって有益なコンテンツを作り、かつ快適な環境を整えることが重要です。そのため具体例を挙げると以下のようなことが考えられます。

・そのキーワードからユーザーが知りたい情報を丁寧に収集する
・ページ遷移の速度を速くする
・画像を配置して内容を分かりやすくする
・広告数は適度に減らす
・どの端末からも見やすいレイアウトを心がける など

検索エンジンを利用するユーザー達にとって価値のあるコンテンツを提供できれば、自然と被リンク数が増えていくことが想定されます。
そうなれば検索エンジンからも優良サイトとして評価されやすく、ユーザー目線でWEBサイトを制作することが結果的には自社サイトの検索順位を上げることにつながります。
ブラックハットSEOのような方法を使わずとも、正しい観点できちんと努力すれば結果は着実に実るのです。

 

まとめ

ペンギンアップデートが実装されたことで、検索エンジンの精度は上がり不正行為へのペナルティが課せられるようになりました。
今後ともユーザーにとって有益な検索エンジンを目指し、Googleを始めとする企業はさらに技術を磨いていくことでしょう。
その中でインターネットへの露出を多くするためには、地道な努力を続けて結果を出すことが一番の近道だと言えます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。