商標アフィリエイトのこと、正しく理解できてますか?

SEO

はじめに

アフィリエイトへのお取り組みを始めて間もない方も、
長年アフィリエイトにお取り組みされている方も、アフィリエイト広告の専門用語の多さには、悩まされているのではないでしょうか?

今回は、アフィリエイターの方にも、広告主様にも、
ぜひ知っておいていただきたい「商標キーワード」「商標アフィリエイト」について、
ご説明させていただきます。

商標アフィリエイトとは?

商標アフィリエイトとは、「商標関連キーワード」を用いて行うアフィリエイト広告の運用方法です。

リスティングなどの知見がある方には馴染み深い文言かもしれませんが、
「商標関連キーワード」とは、商品名やサービス名、法人名などのキーワードのことを指します。

例えば「Affitopic」というキーワードで検索するユーザーは、元々「Affitopic」というメディアの存在を知っていて、ある程度「Affitopic」に興味のあるユーザーということになります。

同様に「ベルタ葉酸サプリ」というキーワードを調べるユーザーは、
この商材に興味があり、検索する前からある程度購入を検討している所謂、
顕在的なターゲットユーザーということができます。

当然のことながら、「妊娠中 サプリ」などで、検索してサイトに訪れるユーザーよりも、
「ベルタ葉酸サプリ」で検索をしてきたユーザーの方がCVR(=サイトに訪れたユーザーの商品購入確率)は高くなります。

上述で「商標キーワード」に関しましては、概ねご理解いただけたかと存じます。
次にアフィリエイト運用に関して、「商標」とセットで用いられることの多い、
「商標SEO」と「商標リスティング」についてそれぞれ解説させていただきます。

商標SEO

商標SEOとは、その名の通り「商標キーワード」を狙ったSEO戦略のことを指します。
長年アフィリエイトをやっているような商品の商標キーワードは、広告主様の自社サイトを含めて、競合犇めく激戦区です。

その一方で、例えばアフィリエイトを始めて間もない商品や、発売直後の商品の商標キーワードは、取り組んでいるアフィリエイター数そのものが少ないため、比較的容易にSEOの上位を獲得できるケースがあるのです。

SEO上位になれば、商品の認知度上昇に伴って検索数があがります。つまり自ずと成果数の増加に繋がるので、サイトを作ってはいるものの中々成果が上がらないというアフィリエイターの方々はぜひ挑戦してみると良いでしょう。

アフィリエイトを運用されている広告主様も自社の商標SEO面を、
今一度確認されることをお勧めいたします。

商標キーワード関連の面を占有できているか否かは、リスティングやTVCMのマーケティングを行なった際の広告効果に直結いたします。

商標リスティング

次に「商標リスティング」についてお話しさせていただきます。
「商標リスティング」と聞いて、広告主様や、アフィリエイト広告の運用担当は、あまりいいイメージを持っていないのではないでしょうか?

商標リスティングも、商標SEOと同様にアフィリエイト戦略のひとつですが、
誰でも無料で始められるSEOとは異なり、CPC広告枠であるリスティング広告の性質上、
広告主様によって、出稿が禁止されているケースが多くあるのです。

簡単に理由を説明させていただくと、
リスティング広告は、CPC(クリック課金)型の広告手法で、
その掲載順位はクリック単価金額のオークションによって大きく左右されます。

広告主様にとっては、CVRの高い自社の商標キーワードですので、
当然、リスティングの出稿枠を抑えたいのですが、
そこにアフィリエイターの出稿媒体が混ざってしまうと、オークション形式ですので、
当然出稿費用が高くなってしまうのです。

そのため、多くのアフィリエイト案件では商標関連ワードでのリスティングの出稿を禁止しているのです。

ですが、中には商標リスティング出稿可能な案件などもありますので、
運用系メディアにチャレンジしたい方は是非探してみてはいかがでしょうか?

<注意!>

近年、管理画面レギュレーションにて、
リスティングでの商標出稿NGの記載があるにも関わらず、
故意に商標リスティングを出稿しているアフィリエイターが増えております。

レギュレーションに記載がある以上、そうして発生した成果を承認することはできませんし、上述した理由で広告主様にも迷惑がかかってしまいます。

成果が承認されない以上アフィリエイターも、広告主様も誰も得しない運用方法となってしまいますので、
管理画面記載のレギュレーションをしっかり守って、成果を獲得しましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。