アフィリエイト初心者でも確定申告は必要?

アフィリエイト初心者向け

はじめに

最近になってアフィリエイトを始めた初心者の方であれば色々と悩み事は多いかと思いますが、その中でも分かりにくく厄介なのが確定申告についてです。自営業の経営者は自分で確定申告を行わなければならないように、アフィリエイトで副収入を稼ぐ場合にはやはり確定申告を行わなければなりません

この記事ではそんな確定申告について、アフィリエイト初心者が手続きを済ませなければならなくなるポイントについて解説しました。アフィリエイト初心者では確定申告を難しい手続きであるように思いがちですが、実際にはそれほど難しいものでもありません。確定申告について簡単にでも知りたい方は、ひとまずこの記事の内容を読んで勉強してみましょう。

1.確定申告が必要となるボーダーラインとは

確定申告をこれまで行ったことのない方は知らないことですが、一定額の収入を得るようになった時点で税金を納める義務が発生することを指します。これは本職がある場合とそうでない場合とで条件がそれぞれ違うのですが、具体的には以下のようになります。

 

・本職ありの場合:年間20万円以上の所得で、確定申告の義務が発生する

・本職なしの場合:年間38万円以上の副収入で、確定申告の義務が発生する

 

本職の有無によって金額が異なる訳ですが、確定申告が必要な場合には3月15日までに所定の手続きを済ませなければなりません。アフィリエイト初心者であれば本職ありの場合の条件が合致することが多いので、月々に1.5万円以上稼げるようになった場合には確定申告する必要があると覚えておきましょう。

2.確定申告の種類について

年間20万円以上の副収入を稼げるようになった場合に確定申告することになりますが、この確定申告にも実は種類があることをご存知でしょうか。確定申告では白色申告青色申告とがあり、具体的には以下のように条件が異なります。

 

・アフィリエイトの収入が300万円以下白色申告

・アフィリエイトの収入が300万円以上青色申告

 

アフィリエイトの収入が300万円以内に収まるのであれば、手続きが簡単に済ませられる白色申告の方がハードルは低いです。ただ手続きが煩雑になっても良いから納税額を減らしたいという方は、300万円以下でもあえて青色申告を利用するという選択肢もあります。

青色申告では複式簿記という難度の高い手続きが必要になる分、65万円の特別控除を受けられます。アフィリエイト初心者で初めての確定申告となると青色申告はかなりハードルが高いため、初年度はまず白色申告で慣らしてみることをおすすめします。

3.所得の算出方法とは

確定申告を行う上では所得を算出する必要がある訳ですが、この所得とは収入から経費を差し引いた実際手元に残るお金のことを指します。アフィリエイトの経費としてはサーバー代ドメイン代、それとASPなどの支払い手数料がそれに該当します。アフィリエイトのために初心者向けの書籍や情報商材を購入した場合には、その金額分を図書研究費という名目で経費として申請することも可能です。

また確定申告で支払うべき税金については、その他の控除が適用されるかどうかでもその金額が変動してきます。例えば結婚していたり子供がいる場合には控除が適用されることになります。つまり確定申告で支払うべき税金を算出するためには、以下の計算式に当てはめる必要があります。

 

①収入ー経費=所得

②所得ー控除=課税所得

 

確定申告ではかの課税所得を算出するために一年間の数字を記録しておく必要があります。白色申告の場合ではざっくりとした数字と、スマホの画面のスクショ通帳の入金記録などの控えがあれば手続きを進められます。

①各ASPの合計収入 ②収入の総額 ③経費の総額 ④所得の総額の4つが主に必要な数字となるので、控えを保管するとともに記録を怠らないようにすれば確定申告ができます。

 

まとめ

アフィリエイト初心者にとって最難関の一つとも言える確定申告ですが、手順自体はそれほど難しいものでもありません。ただ一年間の数字を把握していなければ納税額も算出できないので、20万円以上の副収入が稼げるようになったらまずは1月〜12月の間の4つの数字をこまめに記録していきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。