アフィリエイト集客によるCPO最適化

アフィリエイト初心者向け

初めに

CPOやCVR、CPR、CTR……カフェでゆっくりコーヒーを飲んでいると、これらアルファベットの略称がビジネスマン達によって飛び交っていますよね。皆さんもインターネット事業に関わると、これら用語を聞いた覚えがあると思います。事実、インターネット事業においてこれら略称は必要な知識になってきています。今回は、マーケティング活動をする上で最低限の知識であるCPOを私と一緒に一から理解していきましょう。

1CPOってなんだろう

CPOは(Cost Per Order)の略称です。注文一件当たり必要な費用です。

皆さんの商品やサービスがユーザーから注文してもらうためには広告を出稿したり、営業したりしなければなりません。これらの販売活動にかかる、注文一件当たりにかかる費用をCPOと言います。

計算式としては、

 

CPO=広告費用÷受注件数

 

です。特に、新規顧客に「本商品」や「定期コース」を購入してもらうための1件当たりの広告費用を指します。もちろん、CPOは低ければ低いほどよく、利益が大きくなり、広告投資に回せる費用が増えます。

2CPR・CPIってなんだろう

CPRは(Cost Per Response)の略称です。CPOとの違いとしては、「無料サンプル」や有料の「トライアルセット」といった、お試し商品の申込件数です。

 

CPR=広告費用÷申し込み件数

 

CPRで高い値が出ると、本商品の購入に至る場合があります。そこで、CPRをKPIとしたときに、本商品への引き上げ率込みでCPOを改善していかなければならないでしょう。

 

CPIの概念は少々難しく、2つあります。Cost Per Install(アプリ1インストール当たりの費用)とCost Per Inquiry(資料請求や問い合わせ当たりの費用)です。資料請求や問い合わせに関しては、よくあるCPAと似た意味で使われています。

3CPOとCPAの違いって何?

先程述べたように、CPOの算出方法は

 

CPO=広告費用÷受注件数

 

で求められます。

ここまではCPO、CPR、CPIの違いについて広告費用を何で割るかで説明してきました。しかし、CPAに関しては少し毛色が異なります。

CPAに関しては、(Cost Per Acquisition/Action)の略称であり、主にネット広告で、「本商品」購入や「無料サンプル」などの購入数を割る数、つまり、分母に置きます。またそれは俗に言うコンバージョン(以下CVと略す)と同様のものです。計算式に表すと、

 

CPA=広告費用÷CV数

 

と言えます。言い換えると、CPAは割る数を変えることで、CPO、CPR、CPIと同じ意味になるということです。加えて、CVR(コンバージョン率)やCTR(Click Through Rate)という用語も存在しますが、詳しくは、以下のリンクを参照してください。

アフィトピック「CVR?CPA?CTR?いまさら聞けない用語解説!」

https://affitopic.com/advertisers/735/

4CPOの活用方法

アフィリエイター向け

アフィリエイターのみの話ではないですが、CPOは思っている以上に高額です。例えば広告費用をクリック単価、つまり、1クリック毎に支払う金額とします。クリック単価は一般的に50円~3,000円くらいでしょう。もし1クリック100円として、割る数をコンバージョン率1%(100回のアクセスで商品購入が1件)に設定した場合、CPO=100÷0.01つまり、10,000円ということになります。アフィリエイターの皆さんは自分のサイトにどの広告を載せたら一番稼げるかを判断材料にしていると思います。しかし、今回見てきたように、CPI、CPOといっても、色々な成果報酬があり、稼げる広告は自分のサイトページごとに異なります。そこで皆さんはどの指標で一番稼げるのかを自分のサイトとの相性を調べつつ、合わない場合はその都度ブラッシュアップして、売れる広告を選択するべきでしょう。

広告主向け

広告は通常掲載されることで広告費が発生します。しかし、アフィリエイト広告は広告をクリックしたユーザーによってコンバージョン(商品購入、資料請求など)されることで広告費が発生します。そのため、広告主は、CPOを指定できるため、費用対効果が良いです。しかし、アフィリエイター側の利益の都合があるため、プロモーション次第で向き、不向きがあります。単価が決まっているため、指標としては、

・掲載サイト数の増加

・獲得が見込めるサイトの発見

・そのサイトのより良い枠の獲得

の3つが挙げられます。

この指標を満たすためにもアフィリエイターの紹介したくなる条件を満たすべきでしょう。その一つが今回取り上げた、適切なCPOの選定です。

 

最後に

CPOについて多少は詳しくなれたでしょうか。

インターネット広告の時代において、アルファベットの羅列による専門用語が世の中に蔓延っていますが、もしこれら用語の理解を努めるのに、一役買っていただけたら幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。