アフィリエイター必見!承認率の根幹改善策について

アフィリエイト初心者向け

「商品はたくさん売れているのに、報酬額が少ない」

「見込み利益よりも、承認率が低い」

「物は売れているが稼げない」

こんな悩みを持っているアフィリエイターの方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

アフィリエイトの根幹について

アフィリエイターとして、案件の選定は表題に大きくかかわってくる重要なポイントでもあります。発生した報酬に対して、運営側に適正な還元がされないのは、非常に困りますよね。

 

今回は、そんな悩みをアフィリエイター、広告主と双方の視点から改善策を模索していきたいと思います。

 

そもそも、自分が行っているアフィリエイトが、どういった着地点を想定しているのか考えたことがあるでしょうか?

 

冒頭にも書きましたが、取り扱っている商品が売れただけでは、運営側へバックはありません。

広告主に「承認」されて初めて「成果報酬」として成り立つのです。

 

そのため、「売る」ことを目的にしていると、自分の使った時間と成果報酬が釣り合わなくなってきます。

 

まずは、目的意識を変えましょう。

アフィリエイトをやっている方には、「成果報酬」が発生しなければいけないのです。

運営者のモチベーションにもつながりますので、「ある程度売れているのに成果報酬つながらない」という方は、「売る」という意識から改革していきましょう。運営者の着地点は「成果報酬」ということを再度認識するべきです。

 

原因①案件の問題

次に、目的意識を変えた後にするべきことは「案件精査」です。

アフィリエイトをやっていると、どうしても「承認率」という言葉に付きまとわれます。

 

ご存知の通り、アフィリエイトでは成果が「発生」するだけでは報酬は受け取れません。

「発生」したのちに「承認」されて、初めて報酬になります。

 

そのため、所謂「承認が深い案件」に対しては単価の高さが売りながら、承認率が低い傾向があります。

 

例えば、巷で有名なFXの案件などはどうでしょうか?

 

よくある案件としてわかりやすいものは、「口座を開設」させる案件です。

 

アフィリエイター側では、ユーザーが自サイトから口座を開設した時点で成果は「発生」しますが、実際はユーザーがその口座を利用してトレードを行わないと「承認」されないというケースもあります。

 

端的に言ってしまえば、案件の承認条件が現実的に考えて固いということです。

こういった案件は、成果報酬と時間が釣り合わず、モチベーションダウンの原因にもなってしまいます。

 

 

 

原因②アフィリエイター側の問題

今度は、アフィリエイター側の問題について述べていきましょう。

 

まず、得た案件に対して、最適にコミットするためのコンテンツを組み上げているのでしょうか?

 

極端な例を言えば、高カロリー食品案件に関してダイエットコンテンツを組み立てているようなものです。

 

案件に対して矛盾しているコンテンツを提供しても、ユーザーの潜在的な購買意欲は刺激できません。

自身が提供している案件にコミットできるようなコンテンツの見直しが必要です。

 

さらに、LP側の意図を理解していないアフィリエイターも少なからず見受けられます。

LPの意図を理解したうえで、適正なASPを選択しないことには、うまく成果が承認されず、とあるアフィリエイターでは承認率2%という事例もあります。

(参照URL:https://www.captainjack.jp/entry-2-percent-warota

この一例では、100万の発生に対して、承認率の低さから確定報酬額が2万円という何とも信じられない事例が紹介されていますが、自分の立場だったらどう思うでしょうか?とてもモチベーション維持にはつながりませんよね。

 

総括として、アフィリエイター側の問題としてLPの意図の認識、適正なコンテンツの組み上げを改善することが必要ということです。

 

 

それぞれの対処方法について

最後に、それぞれに対処法について必要なことを述べていきます。

 

案件の問題改善策

案件を受注する前に、必ずクライアント側の過去の承認率について開示を求めましょう。

してくれないところもありますが、案件に対する承認率を先に知っておくことで、発生率に対する確定報酬の予想がつきます。

それを考慮しながら、コンテンツの作成・改善が可能になります。

さらに、どのステップまでいけば「承認」される案件なのかどうかも、同時に確認しておくことが重要です。

 

アフィリエイターの問題改善策

自身が抱えている案件に直結するコンテンツをしっかりと提供できているでしょうか?

誘導する案件に矛盾、相反するコンテンツの提供ではユーザーの興味もひかれませんし、コンテンツの内容が希薄すぎるとユーザーからの支持率も下がってしまうので気を付けましょう。

また、利用しているASPが適正なものかどうかの判断も必要です。

中間マージンが取られるわけですから、そのマージン以上の利益を発生させないと、フィリエイター側にとっては「導入しているだけで損をする」ことになってしまいます。

中間マージンの存在を意識しつつ、コンテンツの充実に努めましょう。

読者が何を求めているのか一目でわかる!ヒートマップツールとは?

アフィサイトのコンセプト設計とおすすめカテゴリ

最後に

いかがでしょうか?今までなんとなくアフィリエイトを行っていた方にとっても、有意義な意識改革となったのではないでしょうか。承認率をあげることで、モチベーションにもつながり、自身の収入もアップしますから、ぜひ根幹の改善から行っていきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。