KPI・KGIとは

アフィリエイト初心者向け

KPIとは

KPIとは、(Key Performance Indicator)の略称であり、重要業績評価指標と日本語で訳されます。一般的に一定の期間内で計測され、目標の達成に向かってプロセスが確実に遂行されているか確認するのに用いられます。ECサイトの場合、例えば、自社サイトへ流入数、新規問い合わせ件数などが挙げられます。

KGIとは

KGIとは(Key Goal Indicator)の略称で、重要目標達成指標と言われています。企業や事業全体の目標、例えば、売り上げや利益などを評価基準とします。

KPIとKGIの関係

KPIとKGIの関係から具体的に見てみると、来月一カ月の売り上げ目標を100万円とした場合、KGIがこの額に当たり、この目標達成のためのプロセスとして、新規問い合わせ件数1,000件、総売り上げ件数200件、一件当たりの単価が5,000円とKPIを設定しKGIを目指すことになります。

大まかな目標設定にKGI、KGIを達成するための具体的な戦術の一環にKPIを設定するとよいでしょう。

設定のコツとして、全体目標としてKGIを設定し、そこから逆算して、各KPIを算出します。
ここで注意点として、無謀なKGIを設定しても、チームのモチベーションやパフォーマンスに影響が出かねません。そこで無理のない目標を設定するべきでしょう。

アフィリエイトとKPI・KGIの関係

次にアフィリエイトとKPI・KGIの関係性を見てみましょう。KPI・KGIはマーケティング、特にECサイト等で活用されている現状があるのはみなさんご存知でしょう。しかしKPI・KGIをアフィリエイトに活用できていない人、設定しているものの活用できない人が散見されています。

アフィリエイトを運用する際、大事になってくるのは、企画やサイトの方向性、コンテンツでしょう。この中でコンテンツは集客のKPIを大きく左右させます。というのも、コンテンツには、検索エンジンやSNSからの集客、クロージング前段階までの購買意欲の向上セールスページのへの誘導など様々なフェーズが存在するからです。

一般的にアフィリエイトサイトは


集客チャネル
ランディングページ
アフィリエイトリンク
クロージング

というステップを踏んでいきます。上記のステップ毎にKPIを設定、計測し、サイトの改善を図っていくことでアフィリエイトサイトを運営していくのです。

この時大事になるのが、クロージングに近いステップから改善していくことが求められています。理由としては、アフィリエイトリンクがクリックされない限り、成果につながらないからです。

具体的に見るKPIとしては

アフィリリンク→クロージングステップではCTR(セールスページへの誘導数と成約数の関係)
ランディングページ→送客ページでは離脱率
集客チャネル→ランディングページでは表示順位やCTRなど

が当てはまります。

KPI・KGI設定の注意点

最後にKPI・KGI設定の留意点に触れておきます。KPIの目標を達成してもKGIが達成できないことが往々にしてあるからです。皆さんの設定したKPIがKGIに対して相応しいのか、そこで基本的なKPIの設定の仕方を考えてみましょう。

まずKGIの決定です。KGIが定まればそこに向かうための現在の問題点と課題の抽出が可能になります。また、具体的な施策を立てることが可能になりそれに準じたKPIを考えることが可能になります。

具体的にKPIを考える際に役立つ3つの要素があります。

1.具体的かつ実行可能であること

2.変動要素が小さいものを用いること
予想外の外部影響(SNSのバズなど)を受けにくい要素がおススメです。

3.改善幅が大きいこと
成果が出やすい部分を選定して改善を行います。流入数の多いトップページの方がそうではないカテゴリーページより改善した際成果が大きいのは一目瞭然でしょう。KPI設定はアクションするための単なる目印であり、始める際に気にしすぎる必要はないでしょう。改善する際にPDCAとしてKPIを逐一見直していけばよいでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。