初心者でもアフィリエイトの収益をアップ!その方法とは?

広告主向け

はじめに

初心者がよくつまずく問題として、「収益が思うように出ない」というものがあります。これはアフィリエイト初心者がどの部分を工夫しながら稼ぐべきか本当に理解していないためであり、ここでつまずき挫折してしまう人も実際に多くなります。ただ何事も最初から上手く行くはずはないので、収益が全然出ないのであれば、自分のやり方へのこだわりを捨てて収益アップを目指して新たに努力するべきです。
この記事では初心者でもアフィリエイトの収益をアップできる方法について解説します。

ただそうは言っても、アフィリエイトを始めてすぐ収益アップするのは並大抵のことではありません。そのため収益アップするコツを押さえておかないと、余分なところに時間を割かなければならなくなります。
それでは具体的にどのような部分について改善していくべきなのでしょうか。

①無料ブログの利用を止める
②記事数は100記事以上を目指す
③需要のあるジャンルを選択する
④稼げる商品を選ぶ
⑤サイト作成にはテンプレートを使用する

①無料ブログの利用を止める

FC2やはてなブログといったいわゆる無料ブログサービスを利用してアフィリエイトをしている場合であれば、まずはブログの利用を止めるところから始めるべきでしょう。
無料ブログの場合では自分が意図しない場所に広告が表示されることもあれば、知らないうちにブログ規約に違反した場合では即刻削除されてしまうことも考えられます。今後ともアフィリエイトで収益を上げていきたいと考えるのであれば無料ブログは止めて、自力で作り上げたサイトを利用するべきです。
レンタルサーバーや独自ドメイン、テンプレートなどが必要になりますが、サイトを作る際にかかる費用は最低でも5万前後はかかります。ただそのサイト作りの費用も本格的に稼ぐための事前投資だと思えば、最初は手痛い出費でも納得して支払うことができるかもしれません。

②記事数は100記事以上を目指す

アフィリエイトで稼ぐためには検索結果ページで上位表示される必要があり、1ページ目に表示されるためには少なくとも100記事以上は書き溜めておく必要があります。
100記事以上と聞くとなかなか大変そうに聞こえますが、例えば1日1記事書く習慣を持っていれば、3ヶ月以上続けておけば記事数は突破することができるはずです。

③需要のあるジャンルを選択する

ユーザーから需要のあるジャンルを選択しておけば、検索する人数が多いためアクセス数が少しでも多くなる可能性があります。需要のあるジャンルとしては、主に以下の通りです。

・転職求人系
・健康美容系
・ファッション系
・健康食品サプリ系
・金融系
・保険系 など

需要のあるジャンルに傾倒して記事を書き溜めるのもいいですが、自分の好きなジャンルに特化して書き続けるのも一つの選択肢です。記事を書く方としても好きなジャンルだと書きやすいため、記事の内容を濃密にすることを優先すれば好きなジャンルと被る需要のあるジャンルを選べればなおのこといいでしょう。

④稼げる商品を選ぶ

需要のあるジャンルを選んで記事を書いたら、次は稼げる商品を選ばなければなりません。この時の基準としては「知名度が高く」、「ランディングページが見やすい」商品を選んでみるといいでしょう。ここで言うランディングページとは以下の特徴を備えたページのことを指します。

・営業トークを凝縮した、情報量の多い縦長ページである
・他ページへのリンクが少ない
・デザインが派手で人目を引きやすい

ランディングページではページ遷移がないためユーザーが内容を読み進めやすく、通常の場合よりもお問い合わせフォームに到達しやすい作りになっています。PRできる商品についてはA8.netなどを確認すればその内容や特徴が把握できます。

⑤サイト作成にはテンプレートを使用する

サイトデザインが綺麗だとユーザーも安心して読み進めてくれるため、初心者であればテンプレートを使用するのが無難です。アフィリエイト向けテーマを選ぶことで細かく設定できる部分が増え、アフィリエイトに役立つ機能を利用することも可能になります。

まとめ

アフィリエイトで初心者が稼げるようになるまでは最低半年かかると言われており、3ヶ月目から稼げるようになるアフィリエイターはごく稀です。ただアクセス数の伸び悩んでいる期間でもコツコツと記事を書き溜めなければなりません。
継続は力なりという言葉もあるように、まずは半年間諦めずに続けていくことを目標にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。