絶対NG!被リンク・外部リンクの無謀なSEO対策とは

SEO

アフィリエイト広告を利用したサイトを運営する際に非常に重要となるのが、良質なSEO対策です。

 

特に被リンクの種類や品質には細心の注意が必要とされています。

なぜなら被リンクとSEOは緻密な関係にあり、各検索エンジンのガイドラインに沿っていない被リンクを受けている場合、サイトにとって大きな損害となるペナルティを受けることがあるからです。

 

ペナルティの対象となるのは、主にブラックハットSEOと呼ばれる手法で、本来は絶対に避けるべきSEO対策となっています。

そもそもSEOとは

そもそもSEOとは、検索エンジン最適化のための手法であり、大きく分けて2種類のSEOが存在します。

それが利用するユーザーに重点が置かれたホワイトハットSEOと、ユーザーや検索エンジンを「騙す」ことで高い評価を得ようとするブラックハットSEOです。

 

ブラックハットSEOは、悪質な技術によって被リンク数を稼いだり、Webサイトの検索順位を上げる行為、もしくはその手法を指しています。

 

代表的な手法としては、キーワードの羅列や乱用、プログラムによるコンテンツの自動作成などがあげられます。

 

その他にも、一般のユーザーと検索エンジンに対し、別のサイトを表示させるクローキングと呼ばれる手法や、リンク制作会社などから被リンクを購入することで、不正に被リンク数を稼ぐ手法などが存在します。

 

これらの行為は検索順位を上げる手法として有効だったため、一時増加傾向にありましたが、現在では危険を伴うため避けるべき手法とされています。

これらの悪質な手法に対し、多くの検索エンジンで大掛かりなアルゴリズムの変更などによる対策が行われ、ブラックハットに対するペナルティが与えられるようになったためです。

Googleが行ったペンギンアップデートとパンダアップデート

最も代表的なブラックハットSEO対策は、Googleによるペンギンアップデートと、パンダアップデートの2種類があげられます。

 

この2つの名前の由来には、白と黒(ホワイトハットとブラックハット)が綺麗に分かれるという意味で、ペンギンとパンダが用いられています。

その名の通り、これらのアップデートにより全てのサイトがホワイトハットとブラックハットに分けられ、評価されることになりました。

 

ユーザーにとって価値のある、良質なコンテンツを掲載しているサイトや、良質な被リンクを多く受けているサイトが検索上位に表示されるようになり、ホワイトハットSEOと認められたサイトは飛躍的に立場が向上しました。

 

対してリンクプログラムに参加しているサイトや、クローキングなどのブラックハットSEOを利用しているサイトは、検索順位が大きく下がり、低品質なコンテンツと判断されたサイトは検索圏外に追いやられるなどの、大きなペナルティが与えられました。

 

これらの結果からも分かるように、ブラックハットSEOは非常にリスクが高く、大きなペナルティを受ける原因となる危険な手法なのです。

順位を回復するためにはペナルティの対象となったリンクの削除や、コンテンツの作り直しなどが必要となり、時間と労力の消費に繋がります。

アフィリエイトの広告をクリックさせるために、内容のない低品質なコンテンツを大量に作成したり、関連性のないサイトから無理に被リンクをさせても、結果的にサイトの運営を苦しめることになってしまうのです。

 

また、掲示板などを利用した被リンク稼ぎや、一つのページに多数のリンクを設置する行為なども、場合によってはサイトの評価を落とすことになります。

 

例えばダイエットに関する広告やコンテンツが提供されているページに対し、ゲームに関するブログからの被リンクがあっても、関連性が薄いとされ評価は上がりません。

そんな関連性の薄いブログから、同じページに対し多数のリンクがあった場合、それはブラックハットSEOとみなされてしまいます。

 

逆にダイエットの情報を発信しているブログやSNSなどからの被リンクは、関連性の高い良質なものと見なされ評価が上がります。

 

このことからも、被リンクの種類や品質はSEOにおいて、非常に重要なものであることが分かります。

 

被リンクの購入は勿論、関連性を無視した相互リンクの利用なども控え、良質な被リンクを集められるような運営を心がけましょう。

 

また被リンク数が多いのに、検索結果や閲覧者の数が著しく低い場合は、ブラックハットと見なされる被リンクが存在している可能性があります。

修正が可能な場合は迅速に対処し、コンテンツの見直しを行うことをおすすめします。

ユーザーを大事にすることがSEO対策になる

利用者・閲覧者を増やし、長く安全な運営を続けるためには、ユーザーにとって価値のある良質なコンテンツの作成と、ホワイトハットSEOを実施しているサイトからの、関連性の高い被リンクを受ける必要があります。

アフィリエイト広告を例にすると、化粧品の広告を掲載するページでは、その化粧品に関する上質なコラムなどのコンテンツを提供し、関心を集めるなどして良質な被リンクを受けるといった行為が、ホワイトハットSEOに該当します。

ブラックハットSEOはアフィサイトに不利なのか

アフィリエイトサイトで重要な発リンクとは

ペンギンアップデート前後で何が変わった?アフィリエイト

パンダアップデートがアフィサイトへ求めるものとは

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。