アフィリエイト初心者がドメイン取得する時の注意点とは

アフィリエイト初心者向け

はじめに

アフィリエイトを新たに始めるためにはサイトを作成する必要があり、そのために必要となるのがドメインです。このドメインを取得しなければサイト作成ができない訳ですが、このドメインというのはいったい何のことを指しているのでしょうか。
この記事ではアフィリエイト初心者がドメインを取得する時の注意点について解説します。

1.ドメインの種類を一部紹介

この章ではまず冒頭でも触れた、ドメインについて簡単に解説しておきます。ドメインとはサイトの住所とも言える役割を果たしており、ドメイン自体の種類は管理する国や用途によってもさまざまです。
ドメインについてある程度分かりやすく覚えるために、ここでその一部を紹介しておきましょう。

①”.jp”
このドメインは管理する国が日本であることを示しています。ただし管理国が日本であるというだけで、外国人の方がこのドメインを取得できない訳ではありません。

②”.com”
インターネット上でよく見かけるこのドメインは、主にアメリカで管理されています。日本では商業利用されていることが多く、個人ブログやサイトでもこのドメインは取得可能です。

③日本語ドメイン
最近ではあまり見かけませんが、一時期は日本語混じりのドメインもありました。例えば”〇〇.jp”といった具合に、ドメインの前の部分がちょうど日本語になったものです。一時期はSEO対策で有利だという噂も流れましたが、現在では特にそういった面で有利不利に働くことはないとされています。

④”co.jp”
このドメインを取得するには会社の登記簿などの証明書類が必要とされます。企業向けのドメインとして認知されているため、このドメインを取得しているサイトであれば一定の安心感があるとも言えます。

ドメインを管理する国や用途によっても種類は豊富ですが、その取得費用や更新費用はドメインによってもかなり差があります。そのためアフィリエイトのためにサイト作成を考える際には、その取得費用について事前に調べておく必要があるでしょう。

2.ドメイン取得時の注意点

アフィリエイトを始めるにあたりドメインを取得しなければなりませんが、初心者の方が初めて独自ドメインを取得する際には以下の注意点を意識しておくといいでしょう。

①覚えやすく短くまとめる
②紛らわしい英単語や数字を使わない
③実在のブランドや商品名などは避ける

アフィリエイトを長期的に続けることを想定すれば、自分のサイトのドメインについてはなるべく短くまとめておいた方が無難です。
特に長かったり覚えにくい文字の羅列にしてしまうと、入力するのも一苦労です。
また小文字のエルと数字の1、あるいは大文字のオーと数字の0などは見た目が紛らわしく、打ち間違えてしまう可能性もあります。どうしても使いたいという場合以外では、なるべく避けた方がいいでしょう。

そして実在するブランドや商品名などをドメインに利用してしまうと、公式サイトと勘違いされる可能性は十分考えられます。紛らわしいドメインではアフィリエイトの際に成果が承認されないこともあり、アフィリエイトで稼ぐことを阻害する結果にもなりかねません。

3.ドメインの取得方法について

アフィリエイト用に独自ドメインを取得する場合では、ドメインの売買事業者と契約して取得するという方法があります。例えば格安ドメインを取得できる「ムームードメイン」や「お名前.com」などを利用すれば、独自ドメインを簡単に取得することができます。
またドメインを売買事業者から取得した場合であっても、同じ系列のサーバーでなければ利用できないといった規制はありません。

アフィリエイトのSEO対策として中古ドメインを取得するといいという話もありますが、そうした方法はブラックハットSEOと呼ばれあまり好ましくありません。中古ドメインを利用すると誰かの運用歴をそのまま引き継げるためメリットもありますが、そうした行為がGoogleにバレると厳しいペナルティが課される場合があるので十分注意しましょう。

まとめ

アフィリエイトのためには自分用のドメインを取得しなければならないものの、長くサイトを運用することを考慮すれば自分が覚えやすい文字列にするべきです。
また中古ドメインを取得すればメリットも大きいものの、バレた時のペナルティもかなり厳しいものになっています。初心者のうちはそんな卑怯な真似はせず、真面目に取り組むことが大切です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。