アフィ記事が真似された時のDMCA申請方法とは

アフィリエイト初心者向け

アフィリエイターをしていると、どうしてもコンテンツの類似性の高い記事やサイトを目にしてしまうことがあると思います。

 

コンテンツ作成者としては、多くのサイトを徘徊して類似性の少ない、オリジナリティの高い記事を作成するためにSEO対策などを行うのですが、自サイトと全く同じ記事が「流用」されていた場合、アフィリエイターの方々はどう思うでしょうか?

 

基本的には、著作権違反にあたりますから、記事の投稿日時やログなどに基づいてそのサイトの運営者へ削除申請を出すのが通常でしょう。

 

しかし、そういった流用をして稼いでいる悪質な運営者は、そもそもサイトに連絡先を記載してない場合もあります。

 

そういったときに使えるのがDMCAと呼ばれるものです。

今回は、自身が作った渾身のコンテンツを守るため必ず知っておかないといけないDMCAについて紹介していきます。

DMCAとは

まず、DMCAとは、アフィリエイター並びにネット上でコンテンツを作成する人たちは必ず知っておかないといけない言葉で、デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)のことを指します。

 

アメリカで施行されているものなので、初めて見る人にとっては「ここ日本だし、治外法権じゃないの?」と思うかもしれませんが、Googleはアメリカに本社がありますから管轄範囲内ということで、この法律が適用されます。

 

ちなみに、日本には別称で「プロバイダー責任制限法」という法律が存在します。

 

これらは、コンテンツの悪用・流用に対してプロバイダー側が責任をもって削除、情報開示をしなければならないという内容になっており、インターネット上でも現実と同じように書籍やコンテンツの著作権が守られるようにしています。

 

これらは、コンテンツの盗作などによって、適正にサイトが利用されないことを防止するために非常に有意義な対策と言えます。

 

申請方法について

では、実際に盗作されたコンテンツを見つけた場合、Googleを通じてどのように削除申請すればいいのでしょうか?

 

削除申請の方法は以下のステップを踏みます。

 

1.Googleサーチコンソールへログイン

2.氏名、会社名、メールアドレスなどの情報を入力

3.盗作箇所と内容を詳しく記載

4.盗作されているURLを記述

5.申請完了

 

上記となります。

 

なぜ、盗作されるといけないのか、という根本的な問題にはなりますが、もちろん自サイトのコンテンツのオリジナリティが失われることは必然のこと、本来自サイトに訪れるべきだったユーザーが転用サイトに流れてしまう「機会損失」がもっとも大きなポイントとなります。

 

自分の成果を得る機会を悪質な運営者にて奪われていては気持ちのいいはずがないですよね?

コンテンツのオリジナリティを守るためにも、DMCAの申請方法はしっかりと留意しておきましょう。

 

 

DMCAの悪用事例

アフィリエイターや企業のコンテンツを守るために存在しているDMCAですが、実はこの制度を利用して炎上対策をしていたケースがあります。

 

所謂「DMCAの悪用」についてなのですが、以下紹介していきましょう。

 

競合他社に嘘の申請を送られる

自身の提供している案件において、競合他社にとって都合の悪い文章が書かれていた場合、DMCAを利用して自サイトを摘発されてしまうことがあります。

これが所謂DMCAの悪用につながるわけです。

競合他社をつぶすためにDMCAを利用する運営者もいるので注意が必要です。

 

「コピペにて自サイトの記事が削除申請に……」

こちらの記事では、自身のサイトがDMCAに投稿されて削除申請がきた、という体験談が書いてあります。

https://kurasheep.com/dmca-mycase/

これをされてしまうと、自作サイトが検索結果に反映されないうえに、ページが表示されても画像などが表示されにくくなってしまいます。

一度Googleから目をつけられてしまうと信用回復までに時間がかかるので非常に厄介です。

 

公的な制度を利用して炎上防止をする運営者や、他社のコンテンツの乗っ取りを行うアフィリエイターを防止する方法ですが、現在明確な対処法は見つかっていません。

今後の改善策に期待を持ちましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?

今や現実だけではなくインターネット上のコンテンツも著作権によって守られています。

しかし、その著作権に伴う削除申請を「悪用」して稼ごうとしているユーザーがいるのも事実です。

中堅以上のアフィリエイターは、特にDMCAによる悪用被害に遭われた経験を持っている方もいるでしょう。

今後も活発化しているアフィリエイトの中で、有用性の高いコンテンツを提供し続けていくためにも、DMCAの内容を理解し適正利用することで、自サイトのオリジナリティを堅実に守っていくことをお勧めいたします。

アフィリエイター必読!薬事・景表法の対応を弁護士に聞いた

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。