Loglyでブログ収益向上?クリック課金型の広告収益

アフィリエイト初心者向け

現在アフィリエイトで副収入を得ようとしている人で、なおかつSEO面で運用をされているのであれば、定期的にコンテンツを入れてサイトの内容を拡充していくスタイルで運用をされている人が多いかと思います。

そんな中、アフィリエイト以外での収入源として、Google AdSenseを利用されている方は多いのではないでしょうか。

しかし、そんな中、ネイティブ広告の自動出稿サービスを提供しているLoglyというサービスが現在注目を浴び始めています。

本メディアではGoogle AdSenseの解説記事は作成させていただいたので、そちらを参照していただくとして、今回はこのLoglyとネイティブ広告に関して解説をさせて頂こうと思います。
もしもネイティブ広告に興味があり、なおかつ導入を検討されている方はぜひご確認いただけると、お役に立てるかと思います!

稼ぎ方は一つじゃない!?Googleアドセンスで稼ぐ方法

ネイティブ広告とは

近年よく耳にするこのネイティブ広告という単語、そもそもどういった広告を指すのでしょうか。

ひとことで解説するのであれば、ネイティブ広告とは「広告をコンテンツ内に溶け込ませることで、ユーザーに不要なストレスを与えないまま商材を認識させる広告」という形が分かりやすいかと思います。

一例を挙げるのであれば、Twitterのプロモツイートやコンテンツメディアの記事広告などは皆様見たことがあるかと思います。
プロモツイートであれば、自分のフォローしているユーザーのTweetに紛れて、自分のタイムラインに広告が流れてくることで、所謂広告臭い感覚を少なくすることが出来る手法でしょう。
また、記事広告におけるネイティブ広告であれば、基本的に訴求したい商材と一件関係のないような記事内容にも関わらず、文章の面白さや興味深さでユーザーの気を引き、最終的に記事の最後で実はこの記事は〇〇という商材の提供でお送りしました等の締め方をする記事を指します。
最近はコンテンツメディアでよくこの形式の記事広告を見る機会が増えた方は多いのではないでしょうか?

こういったことから基本的に、アドセンスがバナーをクリックしてもらうのに対して、ネイティブ広告であれば「興味のあるコンテンツ」に対してクリックを起こす形になるため、通常よりもクリック率が高くなる等の効果があると言われています。

ではざっくりとネイティブ広告が何を指すのかご理解いただけたところで、Loglyの特徴をご紹介させていただこうと思います。

Loglyとは

では改めてLoglyとはどのようなサービスなのでしょうか。

簡単にLoglyの出しているサービスの解説をさせていただこうと思います。

Loglyはネイティブ広告に特化した広告フォーマットで、各出稿サイトのデザインと一体化することでページの内容に溶け込み、コンテンツとしての記事を配信することで、ユーザービリティを上げているプラットフォームです。

その中でもLoglyではレコメンドウィジェットインフィードの2種類のフォーマットが用意されています。

では、このレコメンドウィジェットとインフィードという2種類の簡単な説明をさせていただければと思います。

レコメンドウィジェットとは

レコメンドウィジェットとは、直訳すると
レコメンド=オススメ
ウィジェット=プログラムの一種

になりますので、所謂記事メディアによくある、おすすめ記事はこちらといった内容の個所です。

一例

インフィード広告とは

インフィード広告とは、レコメンドウィジェットと近しいものにはなるのですが、所謂通常の記事一覧の中に【提供】という形で記事広告を入れ込む形の広告手法です。

例えばYahoo!トップのタイムラインのなかで通常のニュース記事の中に【提供】もしくは【Yahoo!プロモーション広告】の文字を見たことがあると思います。
あれが所謂インフィード広告になります。

Loglyまとめ

では本題です。

Loglyとは、これらのネイティブ広告を配信メディア内で広告だと思われないように発信するサービスです。

そのことからLoglyを自身のメディアに導入することで、クリックやインプレッション数に応じて広告収益が発生するといったサービスになっております。

アドセンスと違うのは、アドセンスは種類はあれどバナーを配信するのに対して、Loglyは記事を配信するという所に存在しています。

更に詳しい説明になってくると非常に長くなってしまうため、ここでまとめさせていただくと、Loglyは
「アドセンスと同じように、所持メディアに導入することで広告収益を発生させられるサービス」
という事になります。

詳しい導入方法等はLogly公式サイト内にて記載してありますので、ぜひ一度確認してみてください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。