酵素ドリンクに課徴金1814万

広告主向け

景表法違反に対する行政処分が相次いでいます。

酵素ドリンクの販売業者「言歩木」は、「視界爽快」「小さな文字や画面もバッチリ」などとうたって、おととし5月からの1年半で約6億円、11万6000本の酵素ドリンクを販売しました。消費者庁はその宣伝内容に根拠がなく、景品表示法違反にあたるとして、再発防止策を求める措置命令を出すとともに課徴金1814万円を納めるように命じました。言歩木は「指摘された点については真摯に受け止める」とコメントしています。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000139330.html

今回は新聞広告が対象となりましたが、アフィリエイトに馴染みのある酵素ドリンクということで注意しておくと良いでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。