製薬産業にも薬機法の手が!?虚偽・誇大広告に対して「課徴金」を導入!!

広告主向け

降圧薬・ディオバンの臨床研究不正や化血研の不正製造問題、副作用報告遅延などを背景に薬機法に新たな制約が加わり次期通常国会に提出する模様。

厚生労働省の厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会は11月22日、製薬企業、医薬品卸等が虚偽または誇大広告などで不正な利得を得た際の罰則として、当事者に「課徴金」を科す方針を了承した。

引用元:https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/65671/Default.aspx

今後もより一層誇大広告等で摘発される企業や産業が出てくることは最近の消費者庁の動向からも容易に想像できるでしょう。
そんな中だからこそ、広告を打ち出している企業などは常に最新の状況を把握することが必要でしょう。

是非ご一読ください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。