• HOME
  • ブログ
  • 特集
  • 転んでもただでは起き上がらない。琉球スタイル仲座氏直撃インタビュー#3

転んでもただでは起き上がらない。琉球スタイル仲座氏直撃インタビュー#3

特集

第2回は「PPCアフィリエイトと出会った仲座さんが法人を立ち上げるまでについて」でした!

インタビューも残すところあと2回です。第3回の今回はYDNや教育ビジネスとして始められたアフィリエイト塾についてのお話。

ーーアフィリエイトの手法がたくさんある中でPPCをやられていて、その中でもYDNを見つけたのは仲座さんっていうイメージがあって(笑)。仲座さんは、サーチからチャレンジするにあたってYDNを始められた当初ってどういう感覚だったんですか?

仲座=YDN!みたいなイメージが強いってよく言われます(笑)。
まず、お客さんって2種類に分けると『顕在化されたお客さん』と『潜在化されたお客さん』がいます。サーチは基本的に顕在層を狙っていくんですよ。僕のやってたやつは潜在層にアプローチしてました。当時はインタレストマッチっていうのがまだあって、ヤフーさんのセミナーにいくと細かくやりましょうっていのが当時YDNのスタンダードだったんですよ。経済雑誌を読んでる人で40代男性で、とか絞ってやるのが普通だったんですけど、それってボリュームもでないし入札単価もあがるんですよね。これ絞らなかったらどうなるんだろと思って、絞らなかったら安くなるしノンターゲティングやってみたのが、いまブイブイいわせてるアドネットワークの源流みたいな感じだと思います。何もセグメントしない、だから僕に女性用下着の広告がでるのも構わない、みたいな(笑)。

ここでいち早く出たのが新興ASPですね。リンクエーさんとか、フィングさんとか。で、その流れの中で僕もYDNの塾をやったり、世の中的にもグノシーとかスマニューとかアウトブレインとか、色んな所にアフィリエイターが入っていて、という感じでした。それで僕がいち早くやったように見えてるかもですね。

もともと潜在寄りのキーワードをやってたんで、イメージよりもうまくいってるように見えていたのかもしれません。もともと記事を書いてたので、そんなに苦戦はしなかったですね。

ーーこれ稼げるんだっていうのを発見したのが大きいところでしたよね。

今もやっていることなんですけど、必ず儲けた部分の何割かはテストするんですよ。

全部に先行投資をする。教えてくれる人がいないのでほとんど外れるんですけど、あたった時に先行者利益はものすごくでかいんですよね。アフィリエイトで50万とか100万とかって結構な額なんですけど、SEOの変動とかで一気に無くなる可能性があるので、稼いだら豪遊するんじゃなくて媒体のテストやら人を雇うやら投資に使う。そこで間違いなのが人と会うと言って飲み会ばっか行くこと(笑)。悪くはないんですけど、この段階では早いんじゃない?って思います(笑)。

ーー法人化したあとに仲座式PPCアフィリエイト塾をやられてますよね。どのくらい生徒さんっていらっしゃったんですか。

僕じゃなく、誰かが仲座式って言ったんですけどね(笑)。1回目のときが550名、2回目が300名くらいだったと思いますね。その次にYDNで最後やったのが500名くらいだったかな?

ーーこの塾を出てるアフィリエイターさんよく聞きます。PPC関係でアフィリエイトしてる方だと仲座塾ですって人多いですよね。塾の中でもやっぱり潜在層に向けた訴求の話をされていたんですか?

それもありますね。まずキーワードとか、数値化できない部分ってあるじゃないですか。 『温度感』って僕はセミナーでよく言うんですけど。そういう部分を教えていきます。

例えばダイエットサプリ売るのにキーワード設定してもらうと、自分では絶対買わないようなキーワードをチラシから引っ張ってきて『ダイエット 口コミナンバーワン』とかやるんですよ。その広告、自分だったら買いますか?ってことですよね。自分が欲しくなる広告っていう発想から作るんです。記事にも『うげっ』みたいな擬音とか、話し言葉とか、続きが気になるようなクリエイティブ作りましょう、そういうのを教えてましたね。

ーー仲座さんのやり方は感情に訴えかけるようなキーワードや訴求が多いですね。

そうです。あと先ほど話したキーワードで顕在層と潜在層の話で言うと、例えば不動産査定だと『家 売る』『不動産 査定』とかは顕在化されてるんですけど、『路線価』とかこの辺は潜在層ですよね。不動産に興味のある可能性が高い人が見てるなっていう。でもこの段階ではまだ検索してる人たちがどういう意図で検索しているかがわからないので、サジェストを見るんですよ。サジェストで次に打ち込まれるワードに何が来るかで年齢とか性別とかペルソナが浮き上がってくる。こういうヒントから見つけていくと良いですよ、ってことを塾で教えてましたね。

 

路線価…顕在層の訴求では思いつかないキーワードですね。

次はいよいよ最終回!「琉球の酒場」の話から稼げるアフィリエイターの特徴や広告主とASPの連携で大事なことなど盛りだくさんの内容です。

お見逃しなく!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。