YDNとGDNの違いは?

アフィリエイト初心者向け

ディスプレイ広告の二大主流、YDNとGDN

広告用語としてYDNやGDNといった言葉を聞いたことのある人は多いでしょう。

 

この2つの単語は略称で、YDNは「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」、GDNは「Googleディスプレイネットワーク」のことです。

 

正式名称からも分かる通り、YDNもGDNもディスプレイ広告のことで、ディスプレイ広告の主流となっているものになります。

そもそもディスプレイ広告とは一体どのようなものなのかわからないという人もいるかもしれません。

 

Yahoo!のトップページを開くと、画面の右側などにバナー広告が表示されていますが、これこそがディスプレイ広告と呼ばれているものです。

 

Yahoo!だけではなく様々なサイトやアプリなどに表示されているので、パソコンやスマートフォンでインターネットを利用している人であれば必ず目にしたことがあると言って良いでしょう。

リスティング広告との違いは?

基本的にはバナー広告が多いですが、場合によってはテキスト広告や動画による広告が掲載されていることもあります。

リスティング広告と同じものなのかと思う人もいるかもしれませんが、ディスプレイ広告とリスティング広告は違います。

 

確かに同じ様なところに表示されていたり、ディスプレイ広告でもリスティング広告でも使用されている広告が似通っていることもあるので同じものと勘違いしてしまうかもしれません。

 

しかし、ディスプレイ広告というのは閲覧しているサイトの画面に表示されるもので、リスティング広告は検索結果画面に表示される広告です。

 

つまり、リスティング広告はそのキーワードのニーズに応えた広告ということになりますが、ディスプレイ広告は潜在的なニーズに応えたりアプローチするものとなります。

そんなディスプレイ広告の出稿サービスを行っているのがYDNでありGDNであるのです。

YDNとは?

YDNに関してですが、こちらはYahooで出稿できるディスプレイ広告になります。

したがってYahoo!やYahoo!の提携サイト群などに広告が表示されるという形になります。

YDNに出稿するためには「Yahoo! JAPANビジネスID」というアカウントが必要です。

Yahoo!の個人アカウントを所有している人は多いですが、Yahoo! JAPANビジネスIDは個人のアカウントとは全く異なる扱いになるので、Yahoo!の個人アカウントを所有している場合であっても新たに取得しなければなりません。

Yahoo! JAPANビジネスIDを取得しログインすると広告管理ツールが使用できるので、YDNのアカウントを作成するとYDNに広告出稿することが可能になります。

GDNとは?

GDNに出稿するためにはGoogleアカウントが必要ですが、Yahoo! JAPANビジネスIDとは異なり通常のGoogleアカウントで大丈夫です。

Googleアカウントを持っている人であれば、GoogleAdWordsに登録することでGDNに広告出稿することが可能になります。

YDNとGDNの違い

画像の種類

YDNとGDNの違いとして大きいのが掲載できる画像の種類です。

 

YDNはインライン レクタングルやワイド スカイスクレイパーなどといった6種類の画像サイズを使用することが出来ます。

 

GDNはYDNと共通の6種類に加えて全部で20種類の画像サイズを使用することが可能です。

併用することも多いので共通するサイズの画像を用意するのが基本ですが、GDNにしかないサイズをあえて使用することによってインパクトを与えるということもあります。

掲載場所

掲載場所についてですが、YDNの場合はYahoo!のトップページだけではなく、YahooメールやYahooニュースなどといったYahoo関連サービスにも広告が配信されます。

また、ニコニコ動画や大手新聞社のウェブサイトなど連携サイトにも掲載されるという形です。

 

GDNは自社サービスがないのでYouTubeや大手ポータルサイトなどが主なものになりますが、Googleアドセンスが掲載されているサイトにも配信されるのが特徴です。

 

したがって、大手サイトだけではなくマイナーなサイトなど幅広く掲載されるという特徴があります。

ターゲティング

また、ターゲティングについてもYDNとGDNには大きな違いがあります。

 

YDNは「サーチターゲティング」と「インタレストマッチ」を採用しています。

サーチターゲティングは過去に特定のキーワードを検索したことがある人向けのもので、インタレストマッチは閲覧履歴によって広告を表示させるものなので、検索数の大きいワードを設定して広く表示させたり関心のあるターゲットに絞った広告表示などが可能となります。

 

GDNは「コンテンツターゲット」を採用していて、設定したキーワードと関連性が高いサイトに広告を表示するため潜在的なニーズを掘り起こすことが可能です。
予算管理方法も異なり、YDNはリスティング広告と別の予算枠で管理しますが、GDNはリスティング広告と同じ予算枠で管理し配分も手動で自由に決められます。


YDNとGDNは聞いたことがあっても、どちらかしか使ったことがない方もいるのではないでしょうか?

今回の記事を参考に、今のディスプレイ広告が自分に合っているか比較してみるのも良いかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。