アフィ収益・不労所得の第一歩!ASPへカンタン登録手順

ASP情報

はじめに
不労所得を得るための方法としてアフィリエイトがありますが、アフィリエイターとして稼ぐための第一歩としてASPに事前登録する必要があります。このASPとは「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」の略称ですが、日本だけでも数百はあると言われています。それだけ数が多いとASPを選別するだけでも大変なように感じるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。
この記事ではそんな不労所得を稼ぐのに必須であるASPの登録方法についてざっくりと解説しています。「アフィリエイトに興味はあるけど、ASPの登録方法なんて知らない」という方は、まずこの記事を読んでASPについて勉強してみませんか。

1章:ASPの概要とは


そもそもアフィリエイト初心者の方であれば、ASPの略称を聞いたところでどんなものか想像がつかないという場合がほとんどでしょう。
ASPとは、広告収入を稼ぎたいアフィリエイターと、自社の広告を掲載してほしい広告主とをつなぐ仲介業者のことです。
このASPに登録しておけばアフィリエイトで必須となるアフィリエイトリンクを無料で発行してもらえるようになります。しかし、「アフィリエイトで稼ぐ」と一言で言っても広告にも種類が大まかに二つあり、「成果報酬型」と「クリック型」とがあります。具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

1-1 成果報酬型
ASPが取り扱う広告の多くが成果報酬型に分類されており、成果報酬型が達成条件として掲げる「成果」には以下のようなものが挙げられます。

・ユーザーが商品を購入する
・ユーザーが資料請求する
・ユーザーが資料を購読する など

つまり、広告主が掲げる成果を達成した時点で報酬が発生する流れとなるため、後述するクリック型よりは成果報酬型の方が報酬が高めに設定されています。成果報酬型に関しては商品のジャンルや達成条件が多岐にわたるため、自分が運営するサイトのジャンルに合わせて広告を選別するといいでしょう。

1-2 クリック型
それに対してクリック型では自分のサイトやブログに広告が表示され、ユーザーがその広告をクリックした時点で報酬が発生します。成果報酬型よりはアフィリエイト初心者にうってつけの広告と言えますが、Googleが提供する「Google AdSense」で稼ぐのは実際には些かハードルが高い場合があります。その実態については後ほど言及します。

1-3 ASPの種類
ASPに登録されている広告の種類をある程度把握したところで、次にASPの種類について紹介していきます。ここではアフィリエイト初心者が利用しやすい有名どころに絞って紹介するので、どのASPを利用すべきか悩んでいる方は手始めにこれらのASPからいくつかをピックアップして利用してみることをおすすめします。

①A8.net
数あるASPの中でも最大手として知られるのがA8.netです。日本最大級の広告数および利用者数を誇り、A8.netを運営している株式会社ファンコミュニケーションズはASP事業社として上場も果たしています。
ネット系や美容系、仕事系などあらゆるジャンルの広告を網羅しており、どのジャンルに傾倒しようか悩んでいるのであればとりあえず登録しておいて損はありません。

②アフィリエイトB
仕事系や美容系などの広告を掲載したい場合には、A8.netの次におすすめなのがアフィリエイトBです。このASPでは報酬の振込手数料が無料でかつ、ASPとしてはトップクラスの利用者満足度を誇ります。A8.netに登録されている広告と報酬や条件を比較する際にも便利で、汎用性は高いと言えるでしょう。

③infotop
情報商材を取り扱いたい場合には、infotopよりも特化したASPはないと言ってもいいでしょう。

④アクセストレード
オンラインゲーム関係でアフィリエイトをしたい場合にはアクセストレードが便利です。ゲーム系の広告が多いのが特徴的ですが、それ以外のジャンルの広告も選択可能です。

⑤バリューコマース
ヤフーショッピングでのアフィリエイトが可能なASPで、物販メインで考えている場合にはうってつけです。主に金融系の広告が多いので、FXや株式を題材としたサイトを運営する方にも適しています。

⑥楽天アフィリエイト
物販系であれば、楽天市場の商品を紹介する楽天アフィリエイトもあります。報酬率がかなり低い一方で、クッキー機能が30日間利用可能なため、30日以内の商品購入であれば報酬が発生する点は多少なりともメリットと言えるかもしれません。

⑦Amazonアソシエイト
楽天アフィリエイト同様に、Amazon内の商品を紹介できるのがAmazonアソシエイトです。最近ではネット通販と言えばAmazonか楽天が主流なので、物販系の広告を利用するのであれば片方だけでなく両方の広告を掲載した方が無難です。

⑧Google AdSense
Googleが提供するクリック広告で、サイトのジャンルに合わせて表示される広告が変わったり、過去のデータに基づいたユーザーの関心が高い広告を自動で選別してくれることが特徴的です。優秀なASPではありますが登録の審査が厳しく、広告表示に関する規約も遵守する必要が出てきます。そのためクリック広告であれば、審査がゆるいi-mobileを選択肢とすることも必要かもしれません。

2章:ASPの登録方法とは


ASPの概要さえ知っておけば、登録方法自体はそれほど難しいものではありません。以下に挙げる情報を事前に準備しておけば、登録をスムーズに済ませることができます。

①自分の名前や住所などの個人情報
②メールアドレス
③登録サイトのジャンルや集客方法、サイト概要など
④振込先となる銀行口座の情報

ここで特に注意しておきたいのが③の情報です。
ASPの種類によっては細かく情報を尋ねてくるところもありますが、ジャンルが特に決まってないのであれば「日記」や「雑記」と設定するのが無難です。またサイト開設日は「ドメイン取得日」もしくは「記事を初めて投稿した日」を記載するようにしましょう。月刊訪問者数(UU)や月刊ページビュー数(PV)が少ないからといって審査落ちすることはないので、正確に記入してまず問題ありません。サイト概要については自サイトの紹介文をそのままコピーペーストしておけばそれで構いません。

ASPの登録方法については以上ですが、難しい手順と言えばサイト開設くらいなものだということがお分かりいただけたでしょうか。

まとめ
単一のASPだけで稼ぐことはなかなか難しいものがあるため、大抵のアフィリエイターは複数のASPに登録して広告収入を稼いでいます。しかし特化したいジャンルやテーマが決まっている場合にはそこだけに注力することで、報酬を稼ぎやすくなることは言うまでもありません。
不労所得の代表例としても知られるアフィリエイトを実践するためにも、まずはASPに登録してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。