誰でも登録できるわけではないASP?クローズドASPとは!

ASP情報

アフィリエイト運用をされている皆様であれば、現在どこかのASPに登録されていることと思います。

さて、そんな中、実は選ばれた方々のみが登録の出来るASPが存在していることをご存知でしょうか?

今回はそんなクローズドASPと呼ばれるASPについて解説していこうと思います。

アフィリエイトで収益を出そうと思った際にクローズドASPは非常に有用ですので、この機会にぜひご確認ください!

そもそもクローズドASPとは

ではそもそもクローズドASPとは何でしょうか?
クローズドASPとは読んで字のごとく、閉じているASPという風に考えて問題ないでしょう。

閉じているとは何を指すのかというと、誰でも自由に登録できるわけではないということになります。
ここでは表記的にクローズドASPに対してA8.netやafb等の誰でも登録のできるASPをオープンASPという形で表記させていただきます。

ではクローズドASPにはどのような利点があるのでしょうか。
これを説明するためには、広告主側とアフィリエイター側の両面から解説する必要があるため、
この両面からご説明したいと思います。

ASPってなに?初心者向けに解説!

クローズドASPの利点:広告主編

広告主がクローズドASPで運用するメリット。それは、誰でも登録のできるASPではないという点に尽きます。

広告主がアフィリエイトを行う上で、非常に大きな問題として挙がるのが
「違反成果」
の存在です。

アフィリエイトの案件詳細ページを見てみると、出稿条件や、禁止事項、自己申し込みの可否等が掲載されています。
その出稿条件として提示しているにも関わらず、この条件を無視した形で運用されてしまう悪質なアフィリエイターはどうしても一定数存在してしまいます。
例といたしまして
「リスティング出稿する際に禁止されているはずの商標キーワードで出稿してしまう」
「本人申し込みNGの案件なのにアフィリエイター自身で申し込みを行ってしまう。」
「本人申し込みOK案件で自分自身で何度も申し込みを行い、不正に報酬を得ようとする」
などが挙げられます。

こういった悪質なアフィリエイターはどうしても一定数いるというのは仕方がないとはいえ、
誰でも登録のできるオープンASPだと、こういった悪質なアフィリエイターの母数は多くなってしまいます。
そういったことを事前に予防できるのが、このクローズドASPの非常に強いところであると言えるでしょう。

そして、このことがアフィリエイターにもメリットとして還元されるのです。
では、具体的にアフィリエイターがどのようにその恩恵を受けられるのでしょうか。

クローズドASPの利点:アフィリエイター編

アフィリエイター目線から見た時のクローズドASPの一番の利点、それは条件の良さです。

なぜクローズドASPだと条件が良くなるのでしょうか。

それは先述した広告主目線でのメリットにつながります。

そもそもクローズドASPに登録する方法の一番は
「訴求のできるキーワードで検索順位を上げる」
ことにあります。

というのも、基本的にクローズドASPに居るアフィリエイターというのは、

ASP側からのスカウト・声掛け
既存アフィリエイターからの紹介
アフィリエイト塾等からの紹介

といったルートで登録している人が殆どです。

ですので、友人知人にクローズドASPで活躍している人がいるのであれば、その方からの紹介で登録をすることは可能かもしれません。
勿論その紹介の上でサイトを精査され、結果として登録不可となる場合もありますが。

ではどの方法が一番かというと、クローズドASPからスカウトが来るほどのサイト・記事を作成するのが一番であるといえるでしょう。

例えば
「育毛剤 オススメ 比較」
といったキーワードで上がっているサイトを持っているとします。

すると、そのサイトから育毛剤の成果が上がる可能性は非常に高いということは誰が見ても間違いないと思います。

こういったサイトを持っていると、ほぼ間違いなくクローズドASPとオープンASP両方から、
新規商品の掲載依頼が来ると思います。
そういったいわゆるASP側のリクルーティングと呼ばれるスカウトからクローズドASPに登録できる道が開けるという形がメインになっております。

さて、クローズドASPに居る人たちはある程度有力な方が殆どであるということはご理解いただけたかと思います。

では、なぜアフィリエイターにその恩恵があるのでしょうか。

先述したとおり、オープンASPには初心者から超上級者まで幅広い方々がいるがゆえに、
違反成果が発生する可能性があります。

しかし、クローズドASPであればすでに一定の能力を持っている人が殆どですので、違反成果の数は非常に少ないのです。
さらにすでにいる人たちはある程度有力な人が殆どであるために、広告主側もそれを理解して、ASP単位で他ASPより高額な単価で出稿している場合があるのです。

となれば通常1,000円の単価で出稿されているASPと
通常1,200円の単価で出稿されている案件では、
間違いなく後者の方が収益性が高いと考えられますね。

 

ほかにも各クローズドASP毎に強みというものは数多くあるのですが、
基本的にはこういったところが大きな魅力であると考えられるでしょう。

まとめ

ここまでクローズドASPの良い所のみをご紹介させていただきましたが、
全てにおいてオープンASPよりも勝っているということではありません。

オープンASPにはクローズドASPにない魅力も数多くあります。
それは案件数の多さであったり、担当者が多いため、レスポンスが早かったり、
サービスが充実している等々、枚挙に暇がないところになります。

ですので、ご自身のアフィリエイト運用に適したASPはどこなのか。
そういったところからまず調べてみるのが良いのではないでしょうか?

皆様がクローズドASPからスカウトが来るくらい大きなサイト・大きな収益を出していただけることをお祈りしております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。