デザインに困ったらここを見よう!

デザイン・コーディング

はじめに

アフィリエイトサイトを運用していると、画像との付き合い方を考えさせられる機会も多いかと思います。

 

同じ文章が載っていても見栄えで印象は変わるものです。商品リンクOKの案件でオリジナルのバナーを作るときも、よりCVRが高いものを作りたいですよね。

 

しかし完全に無料で商用フリーの素材を探すとなると、無料配布ではあるけどクレジットの明記が必須だったり、大量のメルマガが届いたりと案外厄介ごとがつきまといます。

 

今回の記事では登録の手間が少ない・もしくは不要で、使いやすい無料素材が手に入る素材サイトと、バナーを作るときに参考にしたいサイトを厳選しました。

目次

オススメの写真素材サイト
┗国内サイト編|オールジャンルで活躍するサイト
┗国内サイト編|方向性に合わせて使いたいサイト
┗海外サイト編

デザインの参考資料はここで
┗バナーデザインの参考サイト
┗配色の参考サイト

素材庫がある案件も活用しよう
┗広告主様、素材庫を作りませんか?

無料・商用フリーの写真素材

国内サイト編|オールジャンルで活躍するサイト

国内の無料素材サイトの代表格と言えば「ぱくたそ」「写真AC」でしょう。
この二つのサイトはアフィトピックも大変お世話になっています。
どちらもダウンロードの手軽さと幅広い場面で馴染む使いやすさが特徴です。

 

・ぱくたそ
https://www.pakutaso.com/

 

 

Webサイトを閲覧していたら必ず見かけると言っていいほど多く利用されています。

ユーザー登録も不要で、使い方も検索してダウンロードボタンを押すだけ。しかも高解像度のデータも用意されているので、ブログ記事のアクセントだけでなく自分で画像を編集したい場合にも役立ちます。

また、人物写真には独特のセンスが見られるものも多く、やや取っ付きにくい記事でも砕けた印象になります。

後述の写真ACと異なり、検索やダウンロード回数に制限はありませんが、一部クレジット表記が必要なものもありますので注意しましょう。

 

・写真AC
https://www.photo-ac.com/

 

余程ニッチなKWでない限り、なんでも手に入る万能素材サイト。

画像にクセが少なく使いやすいので、ぱくたそだとコミカルすぎる場合にはこちらで探した方が欲しいテイストの素材が手に入りやすいです。

ただし無料会員は1日10点まで、Sより大きいサイズは1日2点までという制限があるため、手当たり次第のダウンロードはできません。

検索回数にも制限がありますが、こちらはタグから辿ればカウントされないことやGoogleを経由してダウンロードするという裏技があります。

ダウンロード回数はどうしようもないです。我慢しましょう。

国内サイト編|方向性に合わせて使いたいサイト

・女子がターゲットならGIRLY DROP
https://girlydrop.com/

 

とにかくかわいい。

ネイルやコスメといった美容関連の写真だけでなく、食べ物や恋愛、シーズンイベントなど、女の子の生活が詰まった写真が揃っています。

方向性を問う理由としては、ピンク色に寄った加工がされているので、サイトのデザインや配色に合えば最高ですが、合わなければ不自然になるという点があります。

 

・一手間で目を引く漫画風の画像が作れる!マンガ素材ダウンロードサイト
http://www.manga-sozai.com/data/

 

Adobeソフトやパワポ・エクセルで画像を重ねることができるなら、加工素材としてこちらもおすすめです。

写真と組み合わせても良し。シンプルに文字と吹き出しや集中線だけというのもインパクトが出せます。

乱用するとうるさくなるので、使い所は見極めるようにしましょう。

海外サイト編

デザインにこだわりがある方は、「国内の写真素材独特の雰囲気」というものに心当たりがあるのではないでしょうか?

下記ではダウンロードも簡単で高解像度、なによりおしゃれな素材サイト二つをご紹介します!

どちらも見ているだけで楽しいので、特に探しているものがなくても覗いてみるのはいかがでしょうか。

 

・Unsplash
https://unsplash.com/

 

デザイン性が高く高画質な画像が大量にあり、国内素材に垢抜けなさを感じている人にオススメなサイトです。色調補正が施されているものが多いので、加工要らずでレトロ、スタイリッシュな雰囲気を演出できます。

著作権も完全フリーですべての素材がクレジット不要、会員登録も不要という手軽さで使いやすさも抜群。

ダウンロードできるサイズは高画質データ1点のみとなります。

 

・Foodiesfeed
https://www.foodiesfeed.com/

 

その名の通り、食事に関する写真だけが集められています。

食材や料理そのもの以外にも、食事風景や料理をしているテーブルを収めた写真もあり、用途は豊富。

こちらも高解像度でおしゃれなので、「食べたい!」と思わせたり食品から健康を促す訴求に打ってつけです。

ダウンロードは会員登録不要、すべてクレジット不要。

 

デザインの参考資料はここで

オリジナルのアイキャッチやバナーを作成したいけど、知識や経験に自信がないという方は、まずはこちらを見てみましょう。

バナーデザインの参考サイト

 

・Banner Matome
http://bannermatome.com/

 

ストック数は日本最多!11月8日現在で21,300本ものバナーが掲載されています。

業種別・色別の検索ができるほか、各広告の規定バナーサイズや最終更新日も載っているため、「迷ったらここ」としてブックマークしておきたいサイトです。

 

・レトロバナー
https://retrobanner.net/

 

掲載数はBanner Matomeに劣りますが、サイズ別に検索できる点は非常に便利です。

色別、業種別はもちろん、テイスト別でも分類されているので、具体的に「こういう方向性とサイズのバナーが見たい」というときにサクッと参考が見つかります。

 

・Pinterest
https://www.pinterest.jp/

 

画像投稿SNSですが、投稿される画像のクオリティが非常に高いので、バナーに止まらずWebデザインに興味がある方は要チェック。
英語でも日本語でも検索結果が充実しているのも嬉しいところです。

公式アプリも使いやすく、デザイナーがちょっとした空き時間に閲覧するサイトとしても人気です。

配色の参考サイト

「配色はセンスの問題、努力ですぐどうにかなるものじゃない」と思い込んでいませんか?
自分で考えるのは難しくても、良いなと思うカラーコードをコピペするだけでOKの配色アイデア集はこちら。

 

・Adobe Color CC
https://color.adobe.com/ja/

 

「探索」タブには無数の配色パターンが並んでいて、自分では考えつかないようなアイデアに出会うことができます。

色の名前に限らず「sky」や「summer」など、イメージからも検索できるのはデザイン初心者にとって便利ではないでしょうか。

また、好きな画像をアップロードするとAIが色を解析してパターンを作成してくれる機能も搭載されています。

 

・WebGradients
https://webgradients.com/

 

根強い人気のグラデーションカラーで参考を探したいときに役立ちます。

繊細な組み合わせからビビッドなものまで揃っており、使う色数を抑えたいときにもオススメです。

 

素材庫がある案件も活用しよう

今回の記事では素材とアイデアを自分で集めたい方向けのサイトをご紹介しましたが、ASPに掲載されている案件には「素材庫」を設置しているものがあります。

素材庫には商材のブツ撮りや商品にまつわるイメージ写真が格納されており、多くは化粧品案件で提供されています。

しかし、素材庫を設置している案件は非常に稀で、あったとしても実用性にはバラつきがあります。

 

広告主様、素材庫を作りませんか?

Affitopicを運営するSurprizz Infinityでは、素材庫の開設と運営を代行するプランもご用意しております。

アフィリエイターが画像を集めたりバナーを作成することが大変だということがご理解いただけた企業様は、お問い合わせよりお気軽にご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。